« 番外編 : ATOKは「エェ~得」(Vistaのその後) | トップページ | 2月20日(金) ショカツサイ(ムラサキハナナ) »

2月19日(木) キバナセツブンソウ

090219kibanasetubunsou_bさてそろそろ避寒の旅からうつつ世に戻ると、早春の花があちこちで賑やかになってきていました。なんだかずいぶん小さな福寿草がある!と思って目を凝らしたら、どうも造りが違います。
花に目を奪われると頭が混乱しますが、この葉の姿には見覚えがあります。くすんだ緑と深い切れ込み、そして白い筋とくれば、これは節分草に違いありません。
世界的には黄色が節分草の標準だと言いますが、白く儚い花びら(萼)が擦り込まれた目にはかなり違和感があります。もっと心を広げないと、目が曇りそうです。

2008年のきょうバイモ> 2007年のきょうカキナ> 2006年のきょうマサキ> 2005年のきょうオウレン

|

« 番外編 : ATOKは「エェ~得」(Vistaのその後) | トップページ | 2月20日(金) ショカツサイ(ムラサキハナナ) »

コメント

私はようやく今年初めて、フツーのセツブンソウにお目にかかりました。
黄色いのも見てみたいです~
これはお宅の近くですか?

投稿: Silvia | 2009/02/22 10:36

Silviaさんへ:
いやー、これはあんまりあちこちにあるもんじゃないですねー。
でも、最近は洋種節分草として売られてもいるようですよ。

投稿: はた衛門 | 2009/02/23 07:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : ATOKは「エェ~得」(Vistaのその後) | トップページ | 2月20日(金) ショカツサイ(ムラサキハナナ) »