« 1月29日(木) イモカタバミ | トップページ | 1月31日(土) ネズミサシ »

1月30日(金) オオイタビ

090130ooitabi_b全体これ葉っぱだけ、なんとも色気のない写真です。手が邪魔という噂もありますが、葉のサイズと枝の向き確認のためですので許してやってください。
花々をつけるほかの草木が賑やかな時期には、掲載を後回しにするうちにお蔵入りする種類です。仲間のヒメイタビが登場できたのも、おととしの2月でした。そのとき、「この辺でも開花・結実があるものか」と書いていました。無知丸出しです。
暖地だと、秋にはたしかにイチジク状の実をつける(ヒメイタビもオオイタビも)ようですが、いわゆる「花」はつかないのでした。つまり、イタビはイチジク属であり、例の花嚢という、実の内部に花があるシステムなのです。もしいつか「実」をつけたイタビに会えたなら、過去の恥を思い出しつつ、シミジミと「花」を鑑賞することにします。

2008年のきょうシロミマンリョウ> 2007年のきょうノシラン> 2006年のきょうマンサク> 2005年のきょうホトケノザ

|

« 1月29日(木) イモカタバミ | トップページ | 1月31日(土) ネズミサシ »

コメント

昨年初めてオオイタビの実を食べました。(高知県大月町にて)イチジクよりもおいしかったです。
私の住んでいる土佐清水市三崎でもオオイタビの雌株を2つ見つけました。秋に実るので楽しみにしています。すでに緑の実がたくさんついています。
みのっても食べられない実がつくのもあります。これは雄株なのでしょう。

投稿: hiroko | 2009/06/15 23:03

hirokoさんへ:
貴重なお知らせ、ありがとうございます。
やはり高知県なら実(花)がつくのですね。
じつはとても気になっていて、何日か前に近くのオオイタビを
チェックしたところでした。
残念ながらまったく膨らみ物体はありませんでした。

投稿: はた衛門 | 2009/06/16 07:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月29日(木) イモカタバミ | トップページ | 1月31日(土) ネズミサシ »