« 1月10日(土) ナツトウダイ | トップページ | 1月12日(月) ハリエニシダ »

1月11日(日) ハリギリ

090111harigiri_b赤い軸と黒い実の対比がきれいです。殺風景な地面も、この木の下だけは賑やかな色合いです。目を上に転じると、上空はるかな枝先には、まだ落ちずに残っている実がたくさん見えました。
花火のように放射状につく黒い実と、そしてこの赤紫色の軸は、同じウコギ科のタラノキとよく似ています。ただし、タラノキはせいぜい4~5mにしか大きくならないのに、このハリギリは天を衝くようにのびのびと育ちます。
そこでこの木は家具や建材に重宝され、そのときは「栓(せん)」と名を変えます。白くて光沢のある肌に木目が際立つ姿はとても上品です。若いときになにかの工作に使った気がしますが、そのときは栓がハリギリだなんて夢にも思いませんでした。

2008年のきょうシマタケ> 2007年のきょうゼニゴケ> 2006年のきょうイブキ(ビャクシン)> 2005年のきょうカンザクラ

|

« 1月10日(土) ナツトウダイ | トップページ | 1月12日(月) ハリエニシダ »

コメント

赤と黒、ですかぁ。この木まだ見たことがなさそうです。家の中でこの木が使われている日用品はないのかな?木自体を知らないから探しても分かりませんね。

投稿: zenpeichan | 2009/01/11 19:00

zenpeichanさんへ:
北海道に多いそうで、暖地では少ない木かも知れません。
まして、子どもがチョロチョロするようなところに植栽したら大変なことになりそうなので、
ふつうの生活範囲では見つけにくい木だと思います。

投稿: はた衛門 | 2009/01/12 07:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月10日(土) ナツトウダイ | トップページ | 1月12日(月) ハリエニシダ »