« 12月20日(土) タンキリマメ | トップページ | 12月22日(月) カラシナ(セイヨウカラシナ) »

12月21日(日) タネツケバナ

081221tanetukebana_bこの花が咲いたら籾(もみ)を水に漬けて田植えの準備…というのが名前の由来だそうですから、さあ、稲作農家の皆さん、おコタに入っている場合じゃないですよ。
と、つい軽口が出ますが、妙な役割を仰せつかったこの草こそいい迷惑だろうと同情してしまいます。暖かな日が続いたら、花の一つや二つ、咲かせたっていいじゃないですか。おっと、一つ二つどころか、ずいぶん盛大に咲きました。
葉がシモヤケのように赤いところが春とは大違いです。では、暦代わりの本来の姿を、と過去の掲載を調べたら、あらら、前回は2月に登場していました。もともと寒さに強い草なのか、あるいは日本の冬が暖かくなっているのか、気になります。

2007年のきょうカラタチバナ> 2006年のきょうユキヤナギ> 2005年のきょうハンノキ> 2004年のきょうギョリュウバイ

|

« 12月20日(土) タンキリマメ | トップページ | 12月22日(月) カラシナ(セイヨウカラシナ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月20日(土) タンキリマメ | トップページ | 12月22日(月) カラシナ(セイヨウカラシナ) »