« 12月1日(月) イブキジャコウソウ | トップページ | 12月3日(水) タカノツメ »

12月2日(火) サンザシ

081202sannzasi_b
この実を潰して細長い棒状にしたドライフルーツ(注&追録)があって、さわやかな酸味でおいしいし、健胃・整腸によろしいとかで、わりと好きでした。ところが、この木は中国原産、そのドライフルーツも中国産で、このごろとんと見かけません
不思議な語感の名前は山査子と書き、生薬の名前がそのままこの木の名前に使われたようです。子がつかずに山査だとクサボケの実のことだそうで、それに味が似ているから「子」をつけたと言います。
やや時期が遅すぎてしまい、完熟というより過熟と言うべき段階でした。実のなかには虫もいて、たぶんそれはおいしいことの証明でしょう。林檎をギュッと濃縮したような、すがすがしい味でした。

<補注> 食品に多く加工されるのはミサンザシのようです。(2009年11月6日
<追録> 見つけました。本文冒頭に書いたドライフルーツがこれ(↓)で、形も味も記憶どおりのものでした。成城石井さん、ありがとう!!
加工は日本となっていても、素材はやはり中国産でした。ただ、上に注記した「原料はミサンザシ?」については正解が得られませんでした。商品の袋に貼られたラベルには「サンザシ・Hawthorn」とあって、このHawthornはセイヨウサンザシ(またはサンザシ類一般)を指す言葉のようです。原料輸出元がどれだけサンザシの種類を区別しているか不明なので、この問題の答えは保留です。(撮影:2022年1月25日)
Crataegus220125

2007年のきょうアラカシ> 2006年のきょうアメリカツルマサキ> 2005年のきょうビワ> 2004年のきょうユズ

|

« 12月1日(月) イブキジャコウソウ | トップページ | 12月3日(水) タカノツメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月1日(月) イブキジャコウソウ | トップページ | 12月3日(水) タカノツメ »