« 12月15日(月) ツクバネ | トップページ | 12月17日(水) ハマヒサカキ »

12月16日(火) シラキ

081216siraki_b鶉の卵のミニチュアみたいで、これは何かのアクセサリーに加工できそうです。
もっとも、この迷彩模様は地面にあるとわかりにくく、最初に見つけたのは紙垂(しで)のような形の殻の方でした。数学の時間だったでしょうか、「六面体の展開図で正しいものを選びなさい」みたいな、あの図も連想しました。先が三つに割れるのがふつうだと思うのに、どうしてこうつながって割れなければいけないものやら。
ふくらんでいたときには種が三つ入っていそうな形だったのに、割れたらなかには一つだけというのも肩透かしでした。ほんの2~3cmの小さな果実から、あれこれと楽しい驚きをもらうことができました。

2007年のきょうコスモス(矮性)> 2006年のきょうタアツァイ> 2005年のきょうリュウキュウマメガキ> 2004年のきょうネズミモチ

|

« 12月15日(月) ツクバネ | トップページ | 12月17日(水) ハマヒサカキ »

コメント

本当に可愛らしい種ですね。
ドングリなどを拾うのは楽しくてついついやってしまいますが、こんな模様がある種だと、特に集めたくなってしまいそうです。

そういえば、いつだか散歩途中で見つけた種にそっくりです。
残念ながらどこかにやってしまいましたが、これを見て「シラキだったのかも…」と納得したような思いです。
大事に取って置けばよかったと、後悔もありますがweep

投稿: みかん | 2008/12/16 20:03

みかんさんへ:
ね、これでチョークとか作ったらかわいいですよね。
うまく、また拾えるといいですね。

投稿: はた衛門 | 2008/12/17 06:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月15日(月) ツクバネ | トップページ | 12月17日(水) ハマヒサカキ »