« 11月30日(日) ヤブムラサキ | トップページ | 12月2日(火) サンザシ »

12月1日(月) イブキジャコウソウ

081201ibukijakousou_b
先日のキミノオンコで、「植物の名付けにも温もりがある」などと賢しらなことを言ったばかりなのに、今度は「けっこういい加減だ」と毒づいてしまいます。
「伊吹」ではない、ただのジャコウソウはもっと背丈があって花も大きいし、「麝香」仲間には先月載せたばかりのジャコウソウモドキもあります。それなのに、このイブキジャコウソウはそれらとは似ても似つかない姿です。
本来は春の花なのに、寒さに強いという定評どおり、今の時期でもしぶとく咲いていました。じつはこの花がうっすらと香ります。本当の麝香というのがどんな香りなのかを知らずに言わせてもらえば、ちょっといい香りがすると「麝香」と呼んでしまうパターンが植物の名付けにはありそうです。
もう一つ、名前は「草」なのに本当は木だというのも「いい加減」なところです。

2007年のきょうクヌギ> 2006年のきょうイヌツゲ> 2005年のきょうマユミ> 2004年のきょうランタナ

|

« 11月30日(日) ヤブムラサキ | トップページ | 12月2日(火) サンザシ »

コメント

はた衛門さん、こんばんは。
春の盛りのジャコウソウ、見せていただきました。
やはり、勢いがありますね。
でも、条件がきびしくても
がんばって咲いているなんて、けなげですよね。

話は変わりますが、最近山で普通より小さな紫の実を
ちらちら見かけます。
小さいから、そのままコ(小)ムラサキだと思い込んでいたのですが、
よく考えたら、違うんですね。
実のつきどころで区別するのをきれいさっぱり忘れていました。
毎年覚えなおさければいけないなんて、
かなり来てますよね。crying


投稿: ブリ | 2008/12/01 18:03

これは、これは、また難しいことになっちゃっていますね。麝香って強精剤?に使われることもあるって、聞いたことがありますが、麝香って何だか分かりません。春の花、ここまで命を長らえるとはやはり強精剤に使えそう・・・。

投稿: zenpeichan | 2008/12/01 20:42

ブリさんへ:
さすがに伊吹山で鍛えられただけあって(?)、
この木、なかなかのガンバリ屋さんですね。

ムラサキシキブとコムラサキは、鋸歯も違いますよね。
でも、ブリさんところにはもっと違う種類がありそう…。

投稿: はた衛門 | 2008/12/02 05:18

zenpeichanさんへ:
うわわ、強精剤に話が及ぶとは予想がつきませんでした。
麝香ってジャコウジカという鹿の分泌腺から取るんだそうですけど、
変なものを持つと思わぬ災害に遭うという見本みたいな話ですよね。
くわばら・くわばら。

投稿: はた衛門 | 2008/12/02 05:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月30日(日) ヤブムラサキ | トップページ | 12月2日(火) サンザシ »