« 11月21日(金) アメリカヅタ | トップページ | 11月23日(日) キカラスウリ »

11月22日(土) コダチダリア(キダチダリア、皇帝ダリア)

081122kodati_dahlia_b♪屋根よぉ~りぃ高~い、ダリアです。と、それはウソですが、4mはありました。木立というくらい茎は硬くて太く、知らなければ木だと思ってしまいそうです。
たぶん通りかかる人が名前を尋ねるからでしょう。この「木」には札がぶら下がっていて、そこには「皇帝ダリア」と流通名が書かれていました。たしかに皇帝と呼びたいほどの貫録です。
学名はDahlia imperialisで、英名ならTree Dahliaだそうです。つまり、皇帝も木立もどっちも借り物というか直訳でした。さらに翻訳違いで帝王ダリアともいうようです。さて次に見かけたとき、どの名が口をついて出ますやら。

2007年のきょうギンバイカ> 2006年のきょうナギ> 2005年のきょうカリン> 2004年のきょうオオモミジ

|

« 11月21日(金) アメリカヅタ | トップページ | 11月23日(日) キカラスウリ »

コメント

そちらではどの程度の普及率でしょうか?
こちらでは一昨年は2箇所だけで,去年は3箇所で,でも本数が増えていました。
そして今年はあっちでもこっちでも見ることが出来ます。
何と近くの団地の庭には22本植えてありましたよ。
やっぱり初めて見た時のインパクトが強いので,自分の所に植えたくなるのでしょうか。

投稿: ryoi | 2008/11/22 08:09

ryoiさんへ:
はい、たしかに、ここ2~3年で急に増えてきたようです。
が、それにしても22本はすごいですね。
ひまわり迷路ならぬダリア迷路ができそうですね。

投稿: はた衛門 | 2008/11/22 08:28

今晩は。
わが家のお隣りに、見慣れない花が咲いているなと思っていたら、この花にそっくり、「コダチダリア」が咲いていました。
こちらでも、最近1~2年で、急に見かけるようになりました。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/11/22 18:09

おお、皇帝ダリアですね。
他の名前は,覚えられませんよう。
一度覚えると(間違っていても)そのまま口から出てきますから・・・。
明日、株元から切り倒します。そして、なんとなんと節毎に切って挿し木にしようとたくらんでいます。さて、どうなるのでしょうか。もし万が一根が出てきたら、隣の緑化地帯に植えてみようかなぁ、と思っています。

投稿: zenpeichan | 2008/11/22 18:46

わ、すごい偶然。
お隣さんが育ててるんですよ。
まだひとつしか花は咲いてませんが。
しかも昨日教えてもらったところなんです。
こういうのって嬉しいですね。

投稿: みかん | 2008/11/22 19:58

ぴょんぴょんさんへ:
ryoiさんがおっしゃっているように、ここ2~3年で
急に「増殖」しているようですね。
花がさびしくなる時期にこれだけ豪快な姿を見せてくれる
わけですから、人気が出るのは当然かもしれませんね。

投稿: はた衛門 | 2008/11/23 07:29

zenpeichanさんへ:
はい、zenpeichanさんとこに遅れること20日ほどで
ようやくご披露できました。
もう切るとは、花はもう終わったのでしょうね。
ダリアはたしかに増やしやすいはずですが、うまく
根が出るといいですね~。

投稿: はた衛門 | 2008/11/23 07:35

みかんさんへ:
あれれ、みかんさんのところは咲き始めですか。
八重もあるそうですが、色はピンクだけのようです。
みかんさんのお隣りのはどんなタイプでしょうね。

投稿: はた衛門 | 2008/11/23 07:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月21日(金) アメリカヅタ | トップページ | 11月23日(日) キカラスウリ »