« 10月8日(水) ホソバヒメミソハギ | トップページ | 10月10日(金) カラハナソウ »

10月9日(木) オケラ

081009okera_b一文なしのことを俗に「オケラ」と言いますが、それは虫のオケラ(螻蛄)のことです。こちら、植物のオケラ(朮)は、京の八坂神社に朮参りや朮祭りがあるように、古来、霊力のあるものとして尊ばれてきました。
繊細な花を包む刺々しい苞や、葉の周囲の固い鋸歯が、邪気を払うものと考えられたようです。根を干したものは生薬で、正月の屠蘇に入れられます。
写真のとおり、秋の花はほかの花々に比べたら地味というか質素な姿ですが、真冬には冠毛とこのイガイガの苞が枯れ残ります。ほかに花のない時期なので、とても目立って美しく、そんな姿も気高い植物と考えられた原因に思えます。

2007年のきょうオヤマボクチ> 2006年のきょうアロニア> 2005年のきょうギンモクセイ> 2004年のきょうハナミズキ(アメリカヤマボウシ)

|

« 10月8日(水) ホソバヒメミソハギ | トップページ | 10月10日(金) カラハナソウ »

コメント

私は以前、どこが虫の「オケラ」に似ているんだろうとマジマジ眺めてたことがあります。
刺々しい苞は、虫の足みたいだなあ、とか。
ああ、勘違い。(笑)

2005年の今日の花、ギンモクセイですが、いまだにめぐり合えません。
キンモクセイは、とてもいい香りをさせる季節になりましたね。

それから、そうそう。
「メグスリの木のお茶」、とっても苦かったです~。

投稿: ちとせ | 2008/10/09 07:44

ちとせさんへ:
あれれ、そりゃ(メグスリノキ)少し焦って、たくさん
入れすぎてませんか(笑)。
処方どおりに作れば、「とっても」苦いということはなく、
むしろ味が薄いなあ、という感じですけどねえ。
ワタシは先日の番外編に書いたように、袋入りから棒きれに
変更したので、まだうまく煮出せないでいます。

ギンモクセイは金に比べてものすごく少ないと思います。
ワタシも山形市内ではまだ見ていなかったはずです。
葉っぱが大きい(長い)とはいうものの、やはり
花の時期のうちにうまく見つけられるといいですね。

投稿: はた衛門 | 2008/10/09 08:36

はた衛門さん、こんにちは。
一瞬同じだと思ったのですが、違いました。
今朝、コウヤボウキが咲いているのに出会ったんです。
もう!とびっくりしました。
蔵のほうで調べさせていただいたら、
11月のはじめのあたりにおさめられていましたので、
やはり少し早いですよね。
であった木は、すでにほとんどが咲いていましたから。
今年は少し寒くなるのが早いのかしらと
また思ってしまいました。

投稿: ブリ | 2008/10/09 18:45

ブリさんへ:
あー、そうですね。コウヤボウキとこれ、感じが似てますよね。
まだ、今年、ワタシはコウヤボウキ、見てないですねえ。
しかし、ズンズン秋になってきますねー。
うー、寒いの、やだやだあ。

投稿: はた衛門 | 2008/10/10 06:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月8日(水) ホソバヒメミソハギ | トップページ | 10月10日(金) カラハナソウ »