« 10月2日(木) ハナヅルソウ | トップページ | 10月4日(土) イノコヅチ »

10月3日(金) エゴノキ

081003egonoki_bうわ、すごい!と単純な感動で立ち止まった自分の横に、「これが銀杏(ぎんなん)だったらなァ」と悔しがっているイヤシンボの自分がいました。
こういう食用にならない実でも、「鈴なり」と表現していいものでしょうか。念のため辞書を引いたら、この言葉の説明にはやはり「果実(など)が…」とあります。さて、ここでいう果実とは「食べられる」という一般概念なのか、植物的に子房が膨らんだ物体全般を指すのかは依然不明で、ひまわり迷路よりもむずかしい言葉の迷路です。
そんな堂々巡りはさておいて、エゴノキには春の花にも感動をもらっています。食べられるだけが有用植物の条件なのではなく、人を一瞬「うわァ」と言わせるだけで立派に役に立つ存在なのだなあ、などと思いをめぐらした秋の朝でした。

2007年のきょうノブキ> 2006年のきょうマルバハギ> 2005年のきょうタケノコイモ> 2004年のきょうクサギ

|

« 10月2日(木) ハナヅルソウ | トップページ | 10月4日(土) イノコヅチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月2日(木) ハナヅルソウ | トップページ | 10月4日(土) イノコヅチ »