« 10月26日(日) ヤマラッキョウ | トップページ | 10月28日(火) イヌザンショウ »

10月27日(月) 原種シクラメン

081027gensyu_bきのうに続き、きょうもハチさんが友情出演ですが、きのうよりもかなりプチサイズさんなので、うまく見つけてもらえるでしょうか。
そう、一番右の花にくらいついて吸蜜中です。かなり苦しいポーズですが、何度もやってきてはがんばっていました。どうしてこんな体勢を強いるのか、見かけや香りの優しさのわりには、シクラメンは意地が悪いのでしょうか。
園芸種のシクラメンには冬のイメージがあり、丈の小さなガーデンシクラメンも冬の花壇を賑わせますが、原種は夏以外なら各季節に咲くタイプがあるのだそうです。

2007年のきょうツルレイシ> 2006年のきょうタウコギ> 2005年のきょうミゾソバ> 2004年のきょうヤマノイモ

|

« 10月26日(日) ヤマラッキョウ | トップページ | 10月28日(火) イヌザンショウ »

コメント

はた衛門さん、こんにちは。
原種のシクラメン、このまえ「趣味の園芸プラス」で紹介されていました。
ふむふむ、お花が咲くときは、葉がほとんどなくて
楚々とした感じがやはり野生に近いからなのかしら、
なんて思いながら見ておりました。
どの色も園芸種とは一味違った自然な色あいに見えたのですが、
わたしの園芸種への偏見なのでしょうか。

投稿: ブリ | 2008/10/27 11:02

この原種のシクラメンは山野草の店で売っていました。
値段と魅力が相容れない例ですね。
(人によると思いますが)
「ハチさん」全然見えないです。
メグスリノキを煎じて飲まなければ駄目かな。
今小枝を干してはいますが。
で、ハチさんではありませんよ。
昨日と同じ訪問者なら
クロヒラタアブ
です。

投稿: ryoi | 2008/10/27 11:07

ブリさんへ:
原種と言うわりにはもう少し派手な色のもあって、
そもそもシクラメンは原種からあんな(園芸種みたいな)感じなんだなァ、と思います。
だからこそ、「もっと大きくしたい!」と思う人がいたんでしょうね。

投稿: はた衛門 | 2008/10/28 08:36

ryoiさんへ:
タハハ、アブですか。危ないブログですみませーん。
こちらはヤマラッキョウの友達よりはずっと小さく(&細く)て、
お腹の白いのが目立ちました。

投稿: はた衛門 | 2008/10/28 08:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月26日(日) ヤマラッキョウ | トップページ | 10月28日(火) イヌザンショウ »