« 10月22日(水) ウラハグサ(フウチソウ) | トップページ | 10月24日(金) キランソウ »

10月23日(木) マルバグミ(オオバグミ)

081023marubagumi_b
花や葉につく斑点模様を不気味に思うことの多いグミ類です。しかしそれこそがグミのアイデンティティです。病気ではないので、安心して近づきます。
さて一口にグミ類と言っても仲間がたくさんあって、このマルバグミ(注)には初めて会いました。ほかの「丸葉」を名乗る植物(下欄参照)と同じく、この葉もこれだけ見ればごくふつうの「葉っぱ形」と思いそうです。
だいたいが同種のなかでの比較で呼ぶようで、同じ時期に花が咲くナワシログミあたりと比べると、たしかに丸く見えます。
花もまたなにやら寸詰まりのコロンとした形で、全体にほのぼのしたイメージです。

<丸葉と名がつく草木(このブログ収録品の一部・和名50音順)>
オオマルバノホロシ (かなり比較級の葉形です)
オオバマルバマンネングサ (大葉ではないマンネングサよりは楕円形です)
マルバアオダモ (かなり長い形の葉です)
マルバイワシモツケ (わりと素直に丸く見えます)
マルバダケブキ (これはしっかり丸い葉です)
マルバチトセラン (ふつうのサンセベリアから見ればたしかに丸です)
マルバハギ (比較しなくてもかなり丸く見えます)
マルバハッカ (比較物がなくても丸く見えます)
マルバフジバカマ (葉がよく写っていないものの、かなり尖っています)
マルバマンネングサ (これはまさにマン丸い葉です)
マルバヤナギ (ほかのヤナギ類との比較です)
マルバルコウ (葉がよく見えない写真ながら、典型的なハート型です)

<補注> YListによれば標準和名はオオバグミです。

2007年のきょうツリバナ> 2006年のきょうチカラシバ> 2005年のきょうホウキギ(コキア、ホウキグサ)> 2004年のきょうマユミ

|

« 10月22日(水) ウラハグサ(フウチソウ) | トップページ | 10月24日(金) キランソウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月22日(水) ウラハグサ(フウチソウ) | トップページ | 10月24日(金) キランソウ »