« 9月7日(日) ハグロソウ | トップページ | 番外編 : 現役バリバリ »

9月8日(月) ミヤコグサ

080908miyakogusa_b前にこれを載せたときの宿題は、「3出複葉に見える葉は、じつは小さな葉があと2枚ある」のを確かめることでした。
よーし、今度こそ!と、しっかり写してみました(上の花の左)が、なるほど、これは面白い葉です。5出複葉と見ることもできるけれど、基部の2枚のところからは別の葉も立ち上がっていて、托葉と考えることもできそうです。素人としては深追いはやめて、「ちょっと変な葉」と覚えておくことにします。
で、これでミヤコグサはOKかと思ったら、今度は「最近はセイヨウミヤコグサが跋扈している」という記述を見かけました。ドキッ。萼に毛があるし、茎にもうっすらそんな気配(どちらもセイヨウの特徴)があります。
しかし、セイヨウは花が3~6個(ミヤコは2~4個)だというし、ふつうのミヤコでも毛の多いものがあるそうです。両方を自分で比較できていないので何も言えないものの、今回のものは暫定でミヤコグサとしておきます。また次の宿題ができてしまいました。

<補注> 問題のセイヨウミヤコグサは1カ所につく花数が多くて、ふつうのミヤコグサとはずいぶん感じが違っていました。(2016年8月12日)

2007年のきょうギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)> 2006年のきょうキカラスウリ> 2005年のきょうナガホノシロワレモコウ> 2004年のきょうシュクシャ

|

« 9月7日(日) ハグロソウ | トップページ | 番外編 : 現役バリバリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月7日(日) ハグロソウ | トップページ | 番外編 : 現役バリバリ »