« 9月28日(日) チョウジタデ | トップページ | 9月30日(火) ホソバヒイラギナンテン »

9月29日(月) クロサンドラ

080929rossandra_b濃緑とオレンジの対比が花壇を鮮やかに飾ります。一つの穂から花が次々と咲き出して、夏から秋まで楽しませてくれます。
クロサンドラ、またはクロッサンドラ(Crossandra)と言えばだいたいこの花を指すようです。ただし同属にはいくつか種類があるようなので、正確にはクロサンドラ・インフンディブリフォルミスです。打ち間違いがないか、確認、確認、もう一度。
名前をつけた人だって、こんなの覚えられないのでは…、などと余計な心配をしつつ、和名を探せばヘリトリオシベだそうで、これまた笑えます。雄シベの先端に飾りがあるらしいのですが、確認できていません。
では別名はというとジョウゴバナで、あ、これなら花がそんな感じにも見えますか。ようやくホッとしたら、これってキツネノマゴ科だそうで、え、あんな素朴な草とこれがなぜ?と思ったら、花穂の苞がたしかに似ています。
そこで思い出したのがサンゴバナです。これもキツネノマゴ科でした。苞はキツネノマゴに似て、葉はこのクロサンドラと同じく、硬質の輝きがありました。

2007年のきょうマイヅルソウ> 2006年のきょうハエドクソウ> 2005年のきょうヒガンバナ> 2004年のきょうハゼラン

|

« 9月28日(日) チョウジタデ | トップページ | 9月30日(火) ホソバヒイラギナンテン »

コメント

はた衛門さん、こんにちは。
キツネノマゴって、あのキツネノマゴですか。
想像がつかなくて、花穂の写真を探してみたら、
ほんとに、ながい穂の先に咲いているんですね。
いえ、疑っていたわけではなくて、
もう神にかけて信用させていただいておりますが、
画像で見たかっただけで・・お許しを。
さぁ、サンゴバナもさがしてこよぉ~っと。

投稿: ブリ | 2008/09/29 12:57

ブリさんへ:
ね、あんな素朴な野草とこれが仲間とは、ちょっと信じられないですよね。
でも、たしかに子狐のしっぽみたいな苞が共通なんですよ。
さて、クロサンドラやサンゴバナは野山にはないでしょうから、
どこかの花壇でうまく見つかりますように!

投稿: はた衛門 | 2008/09/30 06:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月28日(日) チョウジタデ | トップページ | 9月30日(火) ホソバヒイラギナンテン »