« 9月12日(金) マルバルコウ(マルバルコウソウ) | トップページ | 9月14日(日) フユイチゴ »

9月13日(土) ノシラン

080913nosiran_b熨斗という漢字の書き取りがむずかしいという個人的悩みは脇に置き、きょうはなぜこれがノシ(熨斗)蘭かという話です。
この「花」が熨斗のパーツに似ているという解説を見かけることがあっても、こんなゲソ(烏賊の足)みたいなものは熨斗には見当たらないと思うのです。熨斗はアワビを「のし」たものですから、あくまですっきり直線的なもののはずです。
じつは、その「のし」にあたるのは花の茎でした。左が平たい方向から見た茎、右がそれと90度違う方向になります。まさしく、まるで茎を「のし」たような形です。ずっと割り切れない気持ちで鬱屈していたのに、これで背筋がのした気分です。

<補注> 花が瑠璃色の種になった様子はこちらです。(2007年1月30日)

2007年のきょうオオブタクサ> 2006年のきょうキツネノマゴ> 2005年のきょうウラハグサ(フウチソウ)> 2004年のきょうフジ

|

« 9月12日(金) マルバルコウ(マルバルコウソウ) | トップページ | 9月14日(日) フユイチゴ »

コメント

な~るほど・・・
花には一目置いて、茎の特徴に目をつけて名前をつけたのですか。
ものは、よくみにゃ~いかんですたい。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/15 03:14

ぴょんぴょんさんへ:
葉の形が名前の元というのはときどきあっても、
まさか花の茎に目をつけるとは思いもよりませんでした。
それに気づいたら、今度はそのメリットをつい考えてしまいます。
三角断面なら構造的に強度を得られても、極扁平楕円の断面って
あまり利得がないはずです。
冬の瑠璃色の実はずっしり重くて、すぐに地べたに倒れるけれど…
あ、そうか、確実に地につくための形という可能性はありますね。

投稿: はた衛門 | 2008/09/15 07:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月12日(金) マルバルコウ(マルバルコウソウ) | トップページ | 9月14日(日) フユイチゴ »