« 7月10日(木) カラスビシャク | トップページ | 7月12日(土) キブシ »

7月11日(金) イランイランノキ

080711ylangylang_b少し近づいただけで、「うぉ、なんじゃこりゃー」と鼻が曲がりそうです。セクシーな香りというのが定説でも、ワタシの腰は引けるだけです。
こりゃイランイランと、この一言を書くことだけが目的のきょうの記事です。
お尻の「ノキ」をとってイランイランだけだと香水原料の名前になり、これはかなり有名なもののようです。それを知らずに花を見ると、トマトのそれが巨大化したような、セクシーとはかなり縁遠い姿でした。

2007年のきょうラムズイヤー> 2006年のきょうゴシキドクダミ> 2005年のきょうアガパンサス> 2004年のきょうカラスウリ

|

« 7月10日(木) カラスビシャク | トップページ | 7月12日(土) キブシ »

コメント

官能的なイランイランノキということのようですね。
きっと自生地での国では、この香りが官能的な香り
になるのでしょうか。

投稿: zenpeichan | 2008/07/11 20:28

zenpeichanさんへ:
匂いの好き嫌い(というか反応するかどうか)って
個人差が大きいと思いません?
嫌いな人が多い栗の木の花は、ワタシは平気なんですよ。

投稿: はた衛門 | 2008/07/12 06:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月10日(木) カラスビシャク | トップページ | 7月12日(土) キブシ »