« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

6月30日(月) モミジバゼラニウム

080630momijiba_b久しぶりにお外で天麩羅などいただいたら、天つゆにトマトオロシというのが添えられてきました。紅葉オロシの人参はほぼ色づけ役ですが、トマトは色だけでなく味もかなり自己主張してくれます。
紅葉(もみじ)に行き着きたいばかりに話は回り道しましたが、ようやくモミジバに漕ぎ着けました。花の陰にそれらしい形の葉が見えます。
最初はその形からの名前と思っていたら、今ごろのモミジ(本物)を見てみると、ちょうどこんな塩梅に色づいていました。サーモンピンクがきれいな花は無視された形で、主役はどうやら葉のようです。

2007年のきょうハマカンザシ> 2006年のきょうブーゲンビリア> 2005年のきょうセイヨウノコギリソウ> 2004年のきょうヒョウタン

| | コメント (0)

6月29日(日) チガヤ

080629tigaya_b葉を屋根に葺き、根を薬用に煎じ、花は甘味とし、姿は和歌に詠い、じつにご先祖さまたちはこの植物とともに生活をしてきたようです。
そんなチガヤも今ではただの雑草で、野原でむなしく綿毛を風に散らすばかりです。栄枯盛衰は世の習い、あすは我が身かと背筋が冷えます(おや、君はいまが栄とか盛の状態だとでも言いたいのかい…とセルフ突っ込み・笑)。
しかし、本当にきれいな姿です。この綿毛はタンポポのようには簡単に飛び立たず、風に吹かれては絡まりあって穂が次第に広がって膨らみます。緑のなかで、白い絹布が煌めいているようです。

2007年のきょうハンネマニア(チューリップポピー、メキシカンチューリップポピー)> 2006年のきょうノカンゾウ> 2005年のきょうボケ> 2004年のきょうボタンクサギ

| | コメント (2)

6月28日(土) カタクリ

080628katakuri_b花のころには観光バスを仕立ててカタクリ見物に出かける人々も、そのカタクリのこんな姿はたぶんご存じないでしょう。
…などと偉そうに言っている自分が初めて知ったのですが、花が咲いあとには実がつくのは当たり前で、カタクリの場合はこういう状態になるのでした。なんとも慎ましやかな佇まいです。
これが熟してそのまま地に倒れると、元の株から15cmほど離れたところに次の世代が生まれるという仕組みです。その新世代が花開くのはなんと10年後です。大事に、大事にしたい自然です。

2007年のきょうナツハゼ> 2006年のきょうキンレンカ> 2005年のきょうミズキ> 2004年のきょうラベンダー

| | コメント (3)

6月27日(金) ウチワサボテン

080627utiwa_bサボテンの花としてはあまり気むずかしいタイプではなくて、暑くなり出すとあちこちで黄色く照り輝き始めます。
写真のものは団扇(うちわ)というよりはほぼ杓文字ですが、本来は名前にたがわない葉の形です。おっと、つい「葉」と書いてしまいましたが、サボテンの場合、ここ(杓文字部分)は葉ではなくて茎でした。
江戸時代のなかごろには我が国に渡来していたそうで、団扇仙人掌(ウチワサボテン)はサボテン界一番の老舗のようです。薄甘いとかおいしくないとか、評価の分かれる実の試食が今後の課題です。

2007年のきょうクマツヅラ> 2006年のきょうカリフォルニアローズ> 2005年のきょうタイマツバナ> 2004年のきょうヤブカンゾウ

| | コメント (0)

番外編 : 驚異の技術

Rainbowpartsいただいてから4日、もう鑑賞に値しない姿になったので、虹のアリスさんを分解してみました。
これはすごい。花びらは1枚ごと専用の導管を持っているということでしょうか。だとしても、その導管ごとに違う色を吸わせるのは可能なことなのでしょうか。さすがにお高いわけです。

| | コメント (2)

6月26日(木) ヒメカイウ

080626himekaiu_b尾瀬に行ってきた人が、きれいだったァと水芭蕉の報告をくれましたが、尾瀬ほど標高のないところのそれはもういかにも芭蕉という葉の盛りの時期です。
なのに、おや、咲き残りがチンマリと…と思ったらどうも違います。白い仏炎苞が茎を包む部分がほぼありません。
水芭蕉はここがたっぷりと長めです。また、葉も長楕円形の水芭蕉と違い丸型です。そんな違いがあるので芭蕉とは言わずに、カラーの和名である海芋を称します。なりは小さくても、こちらの方が水芭蕉よりずっと稀少だそうです。

2007年のきょうカクテル(つるバラ)> 2006年のきょうヤポンノキ> 2005年のきょうガクアジサイ> 2004年のきょうモッコク

| | コメント (0)

6月25日(水) ハナイカダ

080625hoo_bツキヌキニンドウというのがあって、葉の真んなかに花(と実)をつけますが、あれは茎の両側の葉が合着したものですから、ちょっとズルということになります。
その点、このホオノキは本当に一枚の葉のなかから花芯が出ているわけで、これがホントの芯発見、森の不思議です。
080625hanaikada_bというお馬鹿はほどほどにして、こちらは合着でもなければ偶然でもない、正真正銘のハナイカダ(花筏)、きょうの本題です。
雌雄異株なので、花は少し賑やかな雄花の方を2年前に紹介しました。花どきから少し経ち、雌株の葉は小さな青林檎を載せています。
この林檎くん、本当に赤く色づいてくれればいいのですが、自然はそこまでサービスが良くはありません。来月半ばにはこれが黒く熟します。花も可憐だし、黒い実も美しいのですが、青林檎の姿もかわいいとほめあげておきます。

2007年のきょうイソトマ・アネシフォリア> 2006年のきょうベニバナ> 2005年のきょうシロシキブ> 2004年のきょうハマナス

| | コメント (0)

番外編 : 美しくも哀れ

080624rainbowケバイお姉さまに出会い、おおっと注目したらその厚塗り具合に腰が引けて、でも怖いもの見たさに負けて目を奪われているうちに、その芸術的な変身技術に感動してしまい…というきのうの己を反省しつつ、こんな因果な目にあう花にまた同情を禁じえず、そっと瞑目するばかりです。

| | コメント (4)

6月24日(火) フタリシズカ

080624hutari_c名前にふさわしく花穂が二本のものを探すのに手間取りました。いくら静さんでも三人では姦しくてなりません。
もっとも、由来となった同名の能では二人は亡霊で、他界の人なら三人でも五人でも出るだろうという説もあります。それほどに花穂の数は一定しないようです。
美人だったであろう静御前がむくれそうに素っ気ない花ですが、目を凝らすと蛤の貝殻を伏せたような構造です。貝合わせはお姫さまの遊び道具で、白拍子ににはやや不似合いでも、ちょっと無理をしてこじつけたくなりました。

2007年のきょうアメリカデイゴ> 2006年のきょうラッカセイ> 2005年のきょうセイヨウバクチノキ> 2004年のきょうアカツメクサ

| | コメント (0)

6月23日(月) オオバナウツボグサ

080623oobana_utubogusa右端が咲き始めで、左・中央という順に花が進みます。
咲き進んでも開いている花の数は変わらない(咲いては順に枯れていく)のだから、花殻の少ない若いうちがきれいには見えます。ところが、この草は真んなかのものでもまだ見頃とは言えず、花が終わり、穂が茶に色づくころが真骨頂です。
その姿が靫(空穂=矢を入れる武具)を思わせるところからの名付けですが、枯れてからが見頃とは、熟年(老年?)組としては秘かに憧れる存在です。あやかれるように、ドライフラワーにして、身近に飾ろうと思います。

<補注1> 花がやや派手に過ぎ、花穂も妙に緑っぽいので、オオバナウツボグサかとも思い始めました。継続調査中扱いとします。(2008年6月24日)
<補注2> 本来のウツボグサと思われるものを見つけ、二つを比較した結果、やはりこちらはオオバナウツボグサと判断しました。本文は最初のまま、記事タイトルを変更します。(2008年7月3日)

2007年のきょうホザキシモツケ> 2006年のきょうシュッコンカスミソウ> 2005年のきょうキョウチクトウ> 2004年のきょうヨウシュヤマゴボウ

| | コメント (0)

6月22日(日) メグスリノキ

080622megusurinoki_bできれば花の写真を載せたくて、何カ所かこの木をマークしていたのに、その時期はむなしく過ぎてしまいました。
それなら葉だけでいいからここに載せたかった強い動機があります。この木のおかげで、辞書を読むときに拡大鏡を使う煩わしさから解放されたのです。
去年の暮れから煎じ薬を飲み始め、1カ月もしたら効果が現れました。肝臓にも効くそうで、内心ではこちらの薬効にもご利益を感じています(お酒、止めればいいのに・笑)。こういう昔の知恵には驚くしかありません。

<補注> 花(雄花)は2年後に撮ることができました。(2010年4月29日

2007年のきょうキキョウソウ> 2006年のきょうゴウダソウ> 2005年のきょうスカシユリ> 2004年のきょうヤマモモ

| | コメント (7)

6月21日(土) クリンソウ

080621kurinsou_b咲き始めからひと月以上もたって、ようやく合点のいく姿になってきました。
5月上旬に初段が花開いたときには、サクラソウの茎が徒長した程度に見えたのに、最後の段の出番となって、まさに九輪のように草原に屹立しています。
これで全段一斉に開花するなら言うことなしですが、種の輪がかえって九輪っぽくも見えます。ならば本当に9段になればと思うのに、どうやらこの辺(5段)で打ち止めのようです。追肥をあげたくなってしまいました。

<補注> この記事の写真は東北地方の低山でのもので、関東南部では2カ月ほど早い開花時期でした。(2015年4月26日

2007年のきょうイトバハルシャギク> 2006年のきょうツキヌキニンドウ> 2005年のきょうアンズ> 2004年のきょうハンゲショウ

| | コメント (2)

6月20日(金) ササユリ

080620sasayuri_b見るに堪えない画像であるのは百も承知ですが、きれいに咲いた花は、またいつの日か載せることもできるでしょう。
憧れの笹百合を撮りに、せっかく関西まで出向いたのに、今年はずいぶん早い終息のようです。最後の一本が、どうにか花の色合いだけを教えてくれました。
くやしいので、この百合は名前どおりに笹のような葉が見どころなのだと思うことにします。周囲の本物の笹に紛れて見分けにくいほど似ていますが、その茎の付け根を見れば、それはまさにユリ科の姿です。

<補注> 「一応」ではありますが、まともに咲いているシーンをとらえることができました。(2013年6月19日)

2007年のきょうクロバナフウロ> 2006年のきょうマリアアザミ> 2005年のきょうムラサキシキブ> 2004年のきょうアガパンサス

| | コメント (2)

6月19日(木) ミヤマウグイスカグラ

080619miyama_ugうろ覚えの知識というのはへっぴり腰を誘発します。食べていいはずと思う一方で、スイカズラ科には危ないのがあるし、と生半可な知識が頭をよぎります。
ブレーキとアクセルを一緒に踏んだような状態で、一つだけ口に入れてみました。甘~い。汁が舌の上にあふれます。
ただ、刺さるような刺激も感じ、ビビって一つだけでやめました。帰宅して調べたら、これはサガリンコという愛称もある「子供のおやつ」だったそうです。無念…。

<補注> ミヤマウグイスカグラの特徴である腺毛が実を覆っています。2月後半に咲く花の萼にも毛があります。

2007年のきょうイチヤクソウ> 2006年のきょうサクラ(染井吉野)> 2005年のきょうコムラサキ> 2004年のきょうコムラサキ

| | コメント (4)

6月18日(水) イワタバコ

080618iwatabako_bイワタバコと言えば鎌倉の某お寺が有名ですが、あんな風に「るるぶ」化してしまうと、気後れして足が向きません。
隣の人のカメラなど気にせず、心静かに眺めてこそのイワタバコです。独り占めのうれしさからか、透明感のある紫の花びらが心なしか神々しく見えてきます。もちろん、葉の艶は言うまでもなく、初夏の陽を照り返します。
ところで、この撮影のために新しい手を発見しました。岩の上から腕をのばし、逆さまに撮った画像をあとで回転させるのです。単純な思いつきが愉快でした。

2007年のきょうニッコウキスゲ> 2006年のきょうベニバナ> 2005年のきょうマツバギク> 2004年のきょうサルスベリ

| | コメント (2)

6月17日(火) アゼナルコスゲ

080616azenarukosuge_b奥の灰色は池の水面です。つまり、この草の生息環境を映したかったのですが、説明が必要な悲しい絵になりました。
ついでに弁解を重ねると、葉がなにやら不自然な黄緑に見えますが、これはこの草の特徴です。深い緑色をした仲間が多いなかで、見分けに役立ちます。
しかし、とりわけ目立つのはまさに鳴子を思わせる雌花です。そのかわいい穂の上部にある汚いヒモが雄性花序で、ヒモというのはこれが語源だったりして…。

2007年のきょうワラビ> 2006年のきょうローズゼラニウム> 2005年のきょうカツラ> 2004年のきょうシロタエギク

| | コメント (2)

6月16日(月) サンショウバラ

080615sansyoubara_bまだ固い蕾だったり、すでに爆雷のような実になっていたり、どうもこのバラとは毎年タイミングが合いませんでした。
そんな初撮影にしてはちょいとひねったポーズです。開いた花もないわけではなかったのですが、日持ちの悪い花びらで、開くとすぐくたびれ気味の姿なのです。
どうも園芸品種と違ってこれ見よがしな咲き方はしないようです。ついでに山椒そっくりの葉をつまんでも、なんの香りもしません。つくづく愛想に欠ける御仁です。

2007年のきょうカンパニュラ・メディウム> 2006年のきょうハタザオキキョウ> 2005年のきょうバショウ> 2004年のきょうオシロイバナ

| | コメント (0)

6月15日(日) ベニバナイチヤクソウ

080615benibanaitiyakusou_b娘が二人いるのですが、下の方はいつもぼやきます。姉に比べると、親に軽視されているそうで、その証拠の一つが小さいときの写真の量なのだと言います。
確かに、上の子のときはやることなすことみな新鮮で、撮りまくりでした。それが二人目になると、つい手が減って…。
去年、白のイチヤクソウ(一薬草)を見つけたときは20枚も撮ったのに、今回の紅花バージョンは10枚もありませんでした。感動が半減したのかと自問自省したあと、カメラを替えたせいだと思うことにしました。

2007年のきょうムラサキウマゴヤシ> 2006年のきょうハナキササゲ(オオアメリカキササゲ)> 2005年のきょうシャクヤク> 2004年のきょうハキダメギク

| | コメント (0)

6月14日(土) ムクノキ

080614muku_bせわしなく熟していくニワトコの実(きのう掲載)に比べると、こちらはいかにもスローモーでおっとりとしたムクノキの実です。
連休のころに花をつけてから、ジーックリと半年かけて食べ頃になります。ただ、サイズはもう完熟のころにかなり近いので、ここから先はあのとろけるような味をただただ練り上げていく期間のようです。
夏を越せばヤスリに使えるほど表面が荒くなる葉も、今はまだ若葉の柔らかさが残ります。じっくり・ゆっくり、マイペースのムクノキがまぶしく見える一日です。

2007年のきょうナンテンハギ> 2006年のきょうヤエドクダミ> 2005年のきょうブナ> 2004年のきょうガクアジサイ

| | コメント (0)

6月13日(金) ニワトコ

080613niwatoko_bから実までのスピードが速いことは知っていても、いざ真っ赤な実に出会うと、やっぱり感動です。
秋になれば珍しくもなんともない色が、他人に先んじるだけで注目されてしまう…、なにやら今どきのあざといマーケティング手法を連想してしまいますが、それは決してニワトコの罪ではありません。
スイカズラ科にはヒョウタンボクのように危ない木もあり、ニワトコの実は果実酒にもするけれど、種類によってはアルカロイドを含むそうです。ロシアンルーレットには興味がないので、味見はパスとします。

2007年のきょうナヨクサフジ> 2006年のきょうカシワバアジサイ> 2005年のきょうウメモドキ> 2004年のきょうムクゲ

| | コメント (3)

6月12日(木) シナノキ

080612sinanoki_b漢字では「科の木」とか「級の木」とか当てますが、古くからシナと呼ばれ、人の暮らしを支えてきた木です。
樹皮からとれる繊維で布を織るそうで、さっくりした風合いでしょうから、これからの季節に重宝しそうです。白くてキメの通った材は製図板とか引出しの側板として我々にはなじみのものです。
大きな木の上で、一つ1cmほどの花が盛りでした。集散花序の付け根に細長いヘラ形(やや白っぽい)の苞葉があり、実を飛ばすときにプロペラの役割をします。

<補注> 花が実になった様子はこちらです。(2012年10月9日)

2007年のきょうオオマツヨイグサ> 2006年のきょうムシトリナデシコ> 2005年のきょうクリ> 2004年のきょうクチナシ

| | コメント (2)

6月11日(水) マグワ

080611maguwa_b「こんなのを食べると長生きするんだァ」と言いながら、この実をバクバクやっているオジサンがいて、傍らで仲間が「大丈夫かよォ」と心配していました。
もし山桑真桑のどちらか一方が有毒だったら大変なことになりますが、それはないのでお仲間さんたちの心配は的外れです。
ただ、見分けをしたいこちらは桑に出会うたび、いつも悩みます。葉先の尖りが寸詰まりであること、花柱が短いので実のイガイガが少ないことを頼りに、これは真桑と判断しましたが、いっそ真桑の実が毒であったなら…\(;゚∇゚)/。

2007年のきょうヒョウタンボク(キンギンボク)> 2006年のきょうホオズキ> 2005年のきょうアカンサス> 2004年のきょうナツツバキ

| | コメント (3)

6月10日(火) ラミウム・マクラツム

080610lamium_maculatum_b先日のマルバストラムと同じで、本名は長いのだけれど、たいがいがラミウムだけで通るようです。
ただし、園芸的に作出されたラミウムの種類はかなり多いですから、脳トレだと思ってマクラツムまでがんばってみます。三浦さんが枕積む…なんじゃそれ?
早い話がオドリコソウなんですが、素っ気ない国産と違ってアチャラものは多種多彩です。こんな銀葉タイプにはビーコンシルバーとスターリングシルバーという品種があるらしく、これがどちらかは不明です。

2007年のきょうオニノヤガラ> 2006年のきょうブドウ(ヨーロッパブドウ)> 2005年のきょうシャグマユリ> 2004年のきょうタイサンボク

| | コメント (0)

6月9日(月) コアジサイ

080609koajisai_b葉の感じはいかにもアジサイなのですが、その寸法がどうにも不足です。鋸歯だけが不似合いに目立って、まるで兄貴の上着を借りたヤンチャ坊主のようです。
花もアジサイっぽいのです。ピンポン玉よりは大きいけれど、テニスボールまではない、そんなサイズの花の塊です。
なにか似ているのにどこか違う…、そのわけをとくと考えたら、アジサイにつきものの装飾花がありません。地味なせいで、庭で愛好されることは少なく、山のなかの陽のさす林縁で見かけます。

2007年のきょうノリウツギ> 2006年のきょうプリベット> 2005年のきょうサルビア・グアラニチカ> 2004年のきょうネムノキ

| | コメント (0)

6月8日(日) アケボノフウロ

080608akebonohuuro_3_b夜更かし型の社会になってしまって、明け方の空が曙に染まるときの色あいを知っている人は少ないような気がします。かくいう自分も、色を言葉で説明するには語彙が貧困過ぎるので、下に実際に空が明るみ始めた頃合いの写真を貼りつけました。
さて、この花に曙を冠した理由がもし花色に由来するのならば、「ちょっと待ってくださいよ」と言いたいところです。
曙色のポイントである黄色みがほとんど感じられません。ほとんど赤紫に近い、こんな脳天気なピンクを曙とは恐れ入ります。しかし、ついた名前に毒づいても仕方なく、まあかわいい花だからよしとしますか。
Akebono_3


2007年のきょうシロバナヤエウツギ> 2006年のきょうウラジロチチコグサ> 2005年のきょうモミジルコウ(ハゴロモルコウソウ)> 2004年のきょうナンキンハゼ

| | コメント (0)

6月7日(土) マルバストラム

080607malvastrum_bマルバダケブキのあとはマルバストラムです。きのうの丸葉は屋上屋の名前でしたが、きょうのマルバは葉が丸くありません。
それもそのはず、こちらはMalvastrum…ラテン語です。正式な名前は、このあとにlateritium(ラテリティウム)と続きますが、一般には属名だけで呼ぶようです。
柱状のシベと薄手の花びらがいかにもアオイ科の風情で夏向きです。花のサイズが小ぶり(4cmほど)だし、茎も横に這うので、鉢植えで懸崖にすると面白そうです。

2007年のきょうウツギ・マギシエン> 2006年のきょうタケニグサ> 2005年のきょうヒメシャラ> 2004年のきょうオオカナダモ

| | コメント (0)

6月6日(金) マルバダケブキ

080606marubadakebuki_bふつうは花びらのきれいさに引き寄せられるものですが、これは違いました。蕾とその茎の紫色のインパクトが、あまりにも強いのです。
もっとも、花びらの黄色がさらに紫を際立たせています。この花びらは開きすぎると垂れてだらしなく、この時期の方が見ごろに思います。
おっと、名前からすれば本来の主役は蕾でも花でもなく葉のようです。ただ、蕗と言えば葉は丸いわけで、なにやらクドい名前…、というのは個人的感想です。

2007年のきょうサギゴケ> 2006年のきょうシモツケ> 2005年のきょうホタルブクロ> 2004年のきょうサンゴジュ

| | コメント (0)

6月5日(木) ノハラワスレナグサ

080605myosotis_alpestris_b淡いブルーの花色がピンクに変化するので、グリコ的なお得感があります。あまり立ち上がらず、横に広がって、花壇を覆う効果もあります。
ふつうのワスレナグサ(勿忘草)よりは茎が毛深くて紫がかっています。葉の長さはこちらがやや短めに感じます。
と言ってはいても、並べて比べればわかるかなと思うくらいで、とても確信など持てません。さらに、属違いなのに勿忘草を名乗るシナワスレナグサというのもあって、忘れないどころか頭のなかは勿忘草だらけになりそうです。

2007年のきょうムラサキ> 2006年のきょうカラタネオガタマ> 2005年のきょうスイセンノウ> 2004年のきょうフィーバーフュー

| | コメント (2)

6月4日(水) ニンジン

080604ninjin_bオレンジ色の肩を土からのぞかせたニンジンを見てしまうとセリ科の植物だとは思いにくいのですが、こうして咲いた白い花を見ると、そう言えば葉っぱもまさにセリと似ていたなと一人で得心しています。
野菜は本来の旬のものを食すべきと言いますが、さて人参の旬はどう考えたらいいものやら…。花が今なら、種はいつできて、根が一番充実するのはいつ??
と考えて調べたら、春夏秋冬、いろんな時期に播く(=いろんな時期に収穫する)品種の人参がたくさんありました。四季すべて旬とは、人参は野菜の優等生です。

2007年のきょうムギワラギク> 2006年のきょうイイギリ> 2005年のきょうチェリーセージ> 2004年のきょうノウゼンカズラ

| | コメント (2)

6月3日(火) センダイハギ

080603sendaihagi_b石斛に続いての仙台土産でセンダイハギです。当然ながら「仙台」萩かと思うと、そうも書くらしいけれど、どうも本来は「千代」萩のようです。
音だけ聞けば、歌舞伎の「先代」萩を思うし、こう当てる解説もある始末ですが、遊び心で引っかけたらしい命名者は「してやったり」と笑っていることでしょう。

だがしかし、萩にはセンダイハギより有名な宮城野萩(判別困難なので未収録)もあるわけでして、こりゃー、宮城や仙台は鬼門です。…などと嘆かずに、黄色い萩もいいもんじゃ、と楽しむことにします。

<補注> この記事の4カ月後、ミヤギノハギの見分け方がわかり、収録しました。

2007年のきょうタチバナ> 2006年のきょうシロバナシラン> 2005年のきょうハナザクロ> 2004年のきょうカリフォルニアポピー

| | コメント (0)

6月2日(月) セッコク

080601sekkoku1_b20mはあろうかという杉の巨木の中段に、その花束はありました。大人の両腕に余るほどの株が満開なのを喜びながらも、あいにくの天気に歯ぎしりです。
近所なら出直したところですが、松島・瑞巌寺とあってはそうもいきません。石斛の「本来」の生態を学習できたのがこの旅の収穫です。
080601sekkoku2_bなどと書くと、「鉢植えで育ている石斛は本来の姿じゃあないとでも言うのかい」、と愛好家の皆さんにはねじ込まれそうです。いえいえ、この姿もあの姿も、みんなそれぞれ美しいものです。
あまりに高所で、困っていたら、隣の木にはもう少し低いところに小さな株ができていました。こういう盆栽が欲しい…(笑)。

2007年のきょうソヨゴ> 2006年のきょうオリーブ> 2005年のきょうハクチョウソウ> 2004年のきょうユリノキ

| | コメント (2)

6月1日(日) ギンリョウソウ

080601ginryuosou_b2透明ビニール細工のおもちゃか、はたまた季節はずれのツララか、何に見立てるかは気分次第です。しかし、もしこれを銀の龍と見る人がいたら、そりゃちょっと視力に問題があるか、あるいは誇大妄想癖があるか…。
あまりのうれしさに筆が滑りましたが、ようやく探し物を見つけました。秋版よりは、やはりこちらがきれいです。
湿った薄暗がりではあっても、10cmほどの背丈でこんなものがニョキニョキ生えていて、けっこう目立ちました。これでも実をつけるそうで、次の楽しみができました。

2007年のきょうムシトリナデシコ> 2006年のきょうユスラウメ> 2005年のきょうカルミア> 2004年のきょうソメイヨシノ

| | コメント (4)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »