« 6月1日(日) ギンリョウソウ | トップページ | 6月3日(火) センダイハギ »

6月2日(月) セッコク

080601sekkoku1_b20mはあろうかという杉の巨木の中段に、その花束はありました。大人の両腕に余るほどの株が満開なのを喜びながらも、あいにくの天気に歯ぎしりです。
近所なら出直したところですが、松島・瑞巌寺とあってはそうもいきません。石斛の「本来」の生態を学習できたのがこの旅の収穫です。
080601sekkoku2_bなどと書くと、「鉢植えで育ている石斛は本来の姿じゃあないとでも言うのかい」、と愛好家の皆さんにはねじ込まれそうです。いえいえ、この姿もあの姿も、みんなそれぞれ美しいものです。
あまりに高所で、困っていたら、隣の木にはもう少し低いところに小さな株ができていました。こういう盆栽が欲しい…(笑)。

2007年のきょうソヨゴ> 2006年のきょうオリーブ> 2005年のきょうハクチョウソウ> 2004年のきょうユリノキ

|

« 6月1日(日) ギンリョウソウ | トップページ | 6月3日(火) センダイハギ »

コメント

わあ~、綺麗ですね!!
本当に花束みたい!!

セッコクは、下の写真のような小さな株でしか見たことが無いので壮観です。
一つ一つだとよく見ないと色がついているようには見えないのに、沢山集まるとはっきりと分かるんですね。
写真も良いですが、う~ん本物が見たいですsad

投稿: みかん | 2008/06/02 20:51

みかんさんへ:
そのうち松島へは旅行することもあるんじゃないでしょうかね。
今ごろの時期になることを祈りましょう。
そのときは、ぜひ望遠鏡を持っていくといいですよ。
肉眼では、「どこどこ?なになに?」という高さでした。

投稿: はた衛門 | 2008/06/03 07:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月1日(日) ギンリョウソウ | トップページ | 6月3日(火) センダイハギ »