« 6月25日(水) ハナイカダ | トップページ | 番外編 : 驚異の技術 »

6月26日(木) ヒメカイウ

080626himekaiu_b
尾瀬に行ってきた人が「きれいだったァ」と水芭蕉の報告をくれました。しかし、尾瀬ほど標高のないところのそれはもう花は終わっていて、いかにもただの芭蕉みたいな葉の盛りの時期です。
なのに、おや、咲き残りがチンマリと…と思ったらどうも違います。白い仏炎苞が茎を包む部分がほぼありません。水芭蕉はここがたっぷりと長めのはずです。
また、葉も長楕円形の水芭蕉と違い丸型です。そんな違いがあるので芭蕉とは言わずに、カラーの和名である海芋を称します。なりは小さくても、こちらの方が水芭蕉よりずっと稀少だそうです。

2007年のきょうカクテル(つるバラ)> 2006年のきょうヤポンノキ> 2005年のきょうガクアジサイ> 2004年のきょうモッコク

|

« 6月25日(水) ハナイカダ | トップページ | 番外編 : 驚異の技術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月25日(水) ハナイカダ | トップページ | 番外編 : 驚異の技術 »