« 番外編 : 美しくも哀れ | トップページ | 6月25日(水) ハナイカダ »

6月24日(火) フタリシズカ

080624hutari_c
名前にふさわしく花穂が二本のものを探すのに手間取りました。いくら静さんでも三人では姦しくてなりません。
もっとも、由来となった同名の能では二人は亡霊で、他界の人なら三人でも五人でも出るだろうという説もあります。それほどに花穂の数は一定しないようです。
美人だったであろう静御前がむくれそうに素っ気ない花ながら、目を凝らすと蛤の貝殻を伏せたような構造です。貝合わせはお姫さまの遊び道具で、白拍子ににはやや不似合いでも、ちょっと無理をしてこじつけたくなりました。

2007年のきょうアメリカデイゴ> 2006年のきょうラッカセイ> 2005年のきょうセイヨウバクチノキ> 2004年のきょうアカツメクサ

|

« 番外編 : 美しくも哀れ | トップページ | 6月25日(水) ハナイカダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : 美しくも哀れ | トップページ | 6月25日(水) ハナイカダ »