« 5月31日(土) コウゾリナ | トップページ | 6月2日(月) セッコク »

6月1日(日) ギンリョウソウ

080601ginryuosou_b2透明ビニール細工のおもちゃか、はたまた季節はずれのツララか、何に見立てるかは気分次第です。しかし、もしこれを銀の龍と見る人がいたら、そりゃちょっと視力に問題があるか、あるいは誇大妄想癖があるか…。
あまりのうれしさに筆が滑りましたが、ようやく探し物を見つけました。秋版よりは、やはりこちらがきれいです。
湿った薄暗がりではあっても、10cmほどの背丈でこんなものがニョキニョキ生えていて、けっこう目立ちました。これでも実をつけるそうで、次の楽しみができました。

2007年のきょうムシトリナデシコ> 2006年のきょうユスラウメ> 2005年のきょうカルミア> 2004年のきょうソメイヨシノ

|

« 5月31日(土) コウゾリナ | トップページ | 6月2日(月) セッコク »

コメント

またまた面白い植物を見せてもらいました。
実に興味深い植物ですねぇ。
出来れば正面の姿も見せて欲しかったです。

投稿: ryoi | 2008/06/01 10:15

はた衛門さん、こんにちは。
透き通っていますね。ガラスのような繊細な美しさです。
大きさも10cmといいますと、私が思っていたよりも小さいです。
こちらで見せていただくことで、漠然と探していた範囲が狭まり、
見つかったときのシミュレーションをさせてもらっています。
実際にはそう簡単には見つかりませんが。
それはさておき、はた衛門さん、体脂肪12をきるなんて、
なんかけんか売ってます?
わたくは思っていたよりも、多かったので、体脂肪はキライです!
いえ、計るのが・・

投稿: ブリ | 2008/06/01 11:01

いったいどこでこのようなものを見つけられるのでしょうか。山の中に分け入り、やっと見つけられた?
もう、びっくりしています。聞くも見るも、初めてです。
綺麗なのか、美しいなのか不思議な感覚です。

投稿: ゼンペイちゃん | 2008/06/01 21:04

ryoiさんへ:
はい、それを今、悔やんでいるところです。
こんな暗がりで、どうやってきれいに撮ろうかとばかり
考えて、花のなかまで気が回りませんでした。(悲し)

ブリさんへ:
いえいえ、豊能のギンリョウソウは巨大かもしれないっすよ。
あ、体脂肪ねえ。ちょっと自慢っぽかったですかね。
ひひひ、もろ、自慢なんですけどね。

ゼンペイちゃんへ:
腐生植物というらしいんですけどね。
アキノギンリョウソウもそうですけど、案外と道端(林の縁)に
ニョキニョキッとあって驚かされます。

投稿: はた衛門 | 2008/06/02 07:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月31日(土) コウゾリナ | トップページ | 6月2日(月) セッコク »