« 6月16日(月) サンショウバラ | トップページ | 6月18日(水) イワタバコ »

6月17日(火) アゼナルコスゲ

080616azenarukosuge_b奥の灰色は池の水面です。つまり、この草の生息環境を映したかったのに、つまらぬ説明が必要な悲しい絵になりました。
ついでに弁解を重ねると、葉がなにやら不自然な黄緑に見えはしても、これがこの草の特徴です。深い緑色をした仲間が多いなかで、見分けに役立ちます。
しかし、とりわけ目立つのはまさに鳴子を思わせる雌花です。そのかわいい穂の上部にある汚いヒモが雄性花序で、ヒモというのはこれが語源だったりして…。

2007年のきょうワラビ> 2006年のきょうローズゼラニウム> 2005年のきょうカツラ> 2004年のきょうシロタエギク

|

« 6月16日(月) サンショウバラ | トップページ | 6月18日(水) イワタバコ »

コメント

ヒモの語源はこれだったのか・・?
さすが師匠、だじゃれも一級品ですよ。
最初この写真を見た時は何やら毛虫?にも
見えました。
これは、どこの水辺にもあるのでしょうか。
来週、蓮華寺池公園で探してみようと思います。
あるといいなぁ「アゼナルコスゲ」。

投稿: zenpeichan | 2008/06/17 20:45

zenpeichanさまへ:
ホントですねえ、蓮華寺池公園ならありそうですね。
田んぼとか小川とか、ごくなんでもないところに
あるんですけどね。
毛虫ですか。もっと気持ち悪いシマスズメノヒエなんていう
のもありますから、見つけたら奥さまにちゃんと「虫じゃないよ」と
教えてあげてください。

投稿: はた衛門 | 2008/06/18 06:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月16日(月) サンショウバラ | トップページ | 6月18日(水) イワタバコ »