« 6月10日(火) ラミウム・マクラツム | トップページ | 6月12日(木) シナノキ »

6月11日(水) マグワ

080611maguwa_b「こんなのを食べると長生きするんだァ」と言いながら、この実をバクバクやっているオジサンがいて、傍らで仲間が「大丈夫かよォ」と心配していました。
もし山桑真桑のどちらか一方が有毒だったら大変なことになりますが、それはないのでお仲間さんたちの心配は的外れです。
ただ、見分けをしたいこちらは桑に出会うたび、いつも悩みます。葉先の尖りが寸詰まりであること、花柱が短いので実のイガイガが少ないことを頼りに、これは真桑と判断しましたが、いっそ真桑の実が毒であったなら…\(;゚∇゚)/。

2007年のきょうヒョウタンボク(キンギンボク)> 2006年のきょうホオズキ> 2005年のきょうアカンサス> 2004年のきょうナツツバキ

|

« 6月10日(火) ラミウム・マクラツム | トップページ | 6月12日(木) シナノキ »

コメント

野山を歩くとき、こういうのが目にはいると口にしたくなるのですが、何せ知識ゼロの私です。「君子危うきに近寄らず」(誰が君子?)ということで見るだけなんですが、師匠がいたら幾らでも食べちゃいたいですねぇ。「野山の実、食べ歩きツアー」なんていう催しを師匠はやらないんでしょうよねぇ。あ~あ、残念です。

投稿: zenpeichan | 2008/06/11 20:00

家の近所に沢山あるので、毎年のように手を伸ばしてしまいます。
「あそこのはあんまし美味しくないよね~」「○○のとこのは黒くなんのが遅いよ~」などと、小学生と情報交換;;
親には「その歳で・・・やめなさい!!」と言われていますが、桑の実と枇杷と苗代苺は譲れません!

長生きできるといいなあ~bleah

投稿: みかん | 2008/06/11 21:47

zenpeichanさまへ:
あれ、きょうのハンドルは横文字? つい「さま」を復活させました(笑)。
ふふふ、クワをたくさん食べた口で「イーッ」とやると、
奥様が惚れ直してくれるはずなんですが、うーん、ワタシも残念。

みかんさんへ:
うん、たしかに、木によって味は違いますね。
写真のものは大味だったので、ひと粒だけでパスしました。
蚕さまのためにたくさんの品種が作られたようなので、
味もバリエーションにとんでいるのでしょうね。

投稿: はた衛門 | 2008/06/12 06:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月10日(火) ラミウム・マクラツム | トップページ | 6月12日(木) シナノキ »