« 5月5日(月) ナラガシワ | トップページ | 5月7日(水) ヒルガオ »

5月6日(火) オサバグサ

080506osabagusa_bオサは漢字では「筬」です。機織りをするとき、横糸を通したあとでトントンと整えている、あの横長の用具です。
その筬には竹の羽が櫛状に並んでいるわけで、こんな珍しい形の葉を見れば、とても素直にあの用具を連想してしまいます。もっとも、羽状複葉のこの葉一枚の長さは20cm程度で、筬としてはずいぶんミニサイズです。
名前からすれば主役は葉になりますが、どっこい、純白の花の可憐さも魅力です。6月までは咲くらしいので、次はもう少し開き具合のいい姿を写したいものです。

2007年のきょうピラカンサ> 2006年のきょうオーニソガラム> 2005年のきょうキリ> 2004年のきょうヤマボウシ

|

« 5月5日(月) ナラガシワ | トップページ | 5月7日(水) ヒルガオ »

コメント

名前の由来がパッと浮かばないものですね。
【オサバ、グサ】ではなく【オサ、バ、グサ】ですか。
オサバってなんだろう~?と一瞬考えてしまいました。
筬のような葉っぱという意味なんですね。
昔の人は頭が柔らかかったんでしょうか。
私は「シダみたいな葉っぱだな」としか思うことが出来ませんでした;;

今度は葉っぱではなく花を楽しみにしてますね♪

投稿: みかん | 2008/05/06 19:30

みかんさんへ:
たしかに、昔は筬が生活の中に溶け込んでいたのでしょうが、
今の時代にこの草の名を聞いて筬を思い浮かべる人は
かなりの少数派でしょうねえ。

投稿: はた衛門 | 2008/05/07 06:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月5日(月) ナラガシワ | トップページ | 5月7日(水) ヒルガオ »