« 5月22日(木) クヌギ | トップページ | 5月24日(土) ネズミムギ »

5月23日(金) ユキザサ

080523yukizasa_b木漏れ陽というのは、この言葉自体に美しさを感じます。「漏れ」は悪い意味でつかうことが多いのに、この言い回しに限り、響きの奥ゆかしさをもたらしています。
そして、林の薄暗がりに射す実際の木漏れ陽は、これはまさしく天恵というものです。雪にたとえられた花が、さらに白く輝いていました。
赤い実のころには笹に見えにくかった葉も、今の時期にはまだ初々しさがあって、葉脈が葉柄に収束するあたりの姿が笹を思わせなくもありません。花の輝きとも合わせ、名付けたのはこの季節だったのだと合点です。

2007年のきょうコマツヨイグサ> 2006年のきょうジャガイモ> 2005年のきょうカラー> 2004年のきょうトキワツユクサ

|

« 5月22日(木) クヌギ | トップページ | 5月24日(土) ネズミムギ »

コメント

はた衛門さん、こんにちは。
先日、よく似たお花を見かけました。
ユキザサかも!と喜び勇んで調べたのですが、
タチシオデでした。
やはり、雪のように白いところが違います。
柱頭の割れ方でオオバくんと区別するとか。
変に覚えた知識が今後役に立つ日は来るのでしょうか。bleah

投稿: ブリ | 2008/05/23 17:55

ブリさんへ:
タチシオデはまだ見たことないなあ(アセッ)。
蔓のシオデより花が早いんですね。

ユキザサはシオデ類よりももう少し木立の中に
生息しているように思います。

投稿: はた衛門 | 2008/05/24 07:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月22日(木) クヌギ | トップページ | 5月24日(土) ネズミムギ »