« お知らせ編 : ハタザクラそろそろ | トップページ | 4月2日(水) イチハツ »

4月1日(火) アカシデ

080401akaside_b
前に「アカシデの花」だと思っていたのは、じつは雄花に過ぎず、この雌花(葉芽の先端)とセットで撮影しなければいけないのでした。
雄花がブラブラしているのを今年も眺めながら、「あれぇ、これじゃ雌シベがないぞぉ」と気づくようになったのは、進歩と喜ぶべきかノロマと恥ずべきなのか…。
いまさらながら図鑑を見たら、これもまた不思議な形の雌花でした。ワクワクして待つこと1週間、ついに雌花がお目見えです。雄花はもう待ちくたびれて顎が出ていて、さて、ものの役に立つのでしょうか。

<補注> もう少し若い段階の雌花(雌花序)をとらえました。(2014年4月10日
<追録> アカシデの雌花(雌花序)は混芽で、付け根側にはこれから展開する葉芽が潜んでいます。その先に10個ほどの苞があり、それぞれの苞には二股に裂けた花柱が2本ずつ入っています。(撮影:2021年3月26日)
210326
2007年のきょうカテンソウ> 2006年のきょうアブラチャン> 2005年のきょうユスラウメ

|

« お知らせ編 : ハタザクラそろそろ | トップページ | 4月2日(水) イチハツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お知らせ編 : ハタザクラそろそろ | トップページ | 4月2日(水) イチハツ »