« 番外編 : 春の食卓 | トップページ | 4月20日(日) ヤマフジ・昭和紅 »

4月19日(土) トウモクレン

080419toumokuren_b
きのうの記事で「紫木蓮と同じような時期に咲く」として触れた唐木蓮です。
シモクレンとの一番の違いは、花びらの内側が白い(白っぽい)ことです。そして、その花びらの先端がツンと尖っていることも、きのうのシモクレンの緩やかなカーブと比較すると明らかに見分けできる点です。
また、シモクレンがしっかりした幹を持ち大きな木になるのに比べ、トウモクレンは株立ちか、あるいは主幹があっても細い(5~6cm)ように思います。公園の名札が混乱していることもあり、罪なお二人です。

2007年のきょうマツバウンラン> 2006年のきょうオニタビラコ> 2005年のきょうハナミズキ(アメリカヤマボウシ)> 2004年のきょうハウチワカエデ

|

« 番外編 : 春の食卓 | トップページ | 4月20日(日) ヤマフジ・昭和紅 »

コメント

身近に咲いている草花を横目で見ながら
日々忙しい生活を送っている私にとっては
きれいな写真に癒されます。
意外と近くでたくさんの花が咲いているものなんですね。
またお邪魔させていただきますm(_ _)m

投稿: yamami | 2008/04/19 09:49

ほー。唐木蓮なる種類があったんですか。
知りませんでした。
紫っぽいのは、全部、シモクレンだと思ってました。

投稿: ぐっぐぐー | 2008/04/20 03:34

yamamiさんへ:
見ているようで見ていないものって多いらしく、
きのうも近所で面白い木を見つけました。
丸4年も鵜の目鷹の目で写真を撮りまわっていてこれですから、
いったいどこに目がついているものやら…。

ぐっぐぐーさんへ:
二つの境目がきわどくてわかりにくい木もあって困ります。
ただ、その気で見るとなんとなく雰囲気が違うはずです。

投稿: はた衛門 | 2008/04/20 05:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : 春の食卓 | トップページ | 4月20日(日) ヤマフジ・昭和紅 »