« 発見編 : 巨大ヒサカキ | トップページ | 4月1日(火) アカシデ »

3月31日(月) サラサモクレン

080331sarasa_c土曜日にニシキモクレンを載せたあと、そう言えば白木蓮と紫木蓮の愛の結晶?をもう一つ掲載し損なっていることに気がつきました。
錦木蓮は花びらの外側がほぼ紫一色なのに比べ、こちら更紗は紫の裾から先端に向けてボカシ模様です。花の大きさも、錦木蓮ほど巨大ではありません。
本来の更紗は複雑な染め模様ですが、植物の場合は花色が裾ボカシになっているものをこう呼ぶようです。更紗の名が冠されたものでは、サラサウツギサラサドウダンを過去に取り上げてあります。

2007年のきょうオオシマザクラ> 2006年のきょうクロモジ> 2005年のきょうヤマモモ

|

« 発見編 : 巨大ヒサカキ | トップページ | 4月1日(火) アカシデ »

コメント

今日サラサモクレンを取り上げました。
はた衞門さんのブログから説明文を引用させてもらいました。
トウモクレンとニシキモクレンの区別で悩んでいます。

投稿: ryoi | 2008/03/31 09:46

ryoiさんへ:
あ、トウモクレンは少しわかりやすいですよ。
花はシモクレンと似ていますが、花で見分けるよりも幹で見ます。
主幹がなくて根元から株立ちになるのがトウモクレンです。
ほかのモクレン類とはちょっと感じが違いますよ。

投稿: はた衛門 | 2008/04/01 06:54

サラサと名がつくものは、格上って感じがしませんか?
このサラサモクレンいいです。大きすぎないところも。

投稿: ちゅいろ | 2008/04/01 16:15

ちゅいろさんへ:
ふーむ、格上ですか。語感がステキですよね。
どうも、これの写真がいつもうまい具合に撮れず、
冴えない色で申し訳ありません。

投稿: はた衛門 | 2008/04/01 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発見編 : 巨大ヒサカキ | トップページ | 4月1日(火) アカシデ »