« 3月26日(水) キュウリグサ | トップページ | 番外編 : レントゲン »

3月27日(木) キブシ

080327kibusi_b1ここでキブシの花を取り上げてから、もう三年になりました。再度載せるとなれば、少しは進歩が必要です。
最初の写真は昔と変わらず、見つけた感動そのままの一枚です。ただ、今年は花つきが良く、豪華さが倍増です。花穂の数も多いし、その長さも「木藤」などと妙な別名がつくだけのことはあります。2枚目写真で構図に入りきらずに曲げたものは、のばしたら19.5㎝ありました。
080327kibusi_b2さてこの写真では、上の1本が黄色っぽく、下の2本は緑っぽく見えています。
今回見つけた3本の木(雄1・雌2)それぞれから1本ずつ失敬したもので、上が雄花、下2本が雌花です。たまに雄花の方が長いとした説明がありますが、自分で見た限り、花穂の長さは雌雄と関係はなく、同じ木にあってもさまざまでした。
080327kibusi_b3そして下段の写真は花の内部です。雄(上)と雌(下)のどちらにも雄シベ・雌シベの両方があるので、各々の無用のシベは形ばかりのものとなっているようです。

2007年のきょうミツマタ> 2006年のきょうザゼンソウ> 2005年のきょうヒュウガミズキ

|

« 3月26日(水) キュウリグサ | トップページ | 番外編 : レントゲン »

コメント

やっぱりそちらは温暖な場所なんですね。
キュウリグサもまだまだです。
キブシもまだ花を咲かせませんが、近所に1本、遠くふるさと村に1本(ずいぶん数が少ないです)あるので、雌雄を確かめてみます。
こんなに違うんですねぇ。

投稿: ryoi | 2008/03/27 09:20

キブシ・・・ですか。
聞いたことありません。
近所でも見たこと無いです。

でもすごく豪華で綺麗ですね。
パッと遠くから見たら、ドングリの花とかに見えてしまいそうですけど。
機会があったらぜひ見てみたいです!

投稿: みかん | 2008/03/27 14:19

キブシの花房、見事ですね。
今年は、花つきがいいのですか。私も、前に見たキブシの花を見に行きたくなりました。
今までは、房の垂れ下がりに見とれて、花の雌雄などは、気にも留めませんでした。
今度は、雄花、雌花をしっかり見てこようと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/03/27 19:09

お礼を先に。
ヒメシデコブシを教えてくださりありがとうございました。
一つ賢くなりました。今度の土、日に早朝散歩しますから、その時、ミホちゃんにも教えます。勿論、師匠が教えてくださったことは伝えます。
さて、またまた新しい名前「キブシ」。
初めて見る?花木です?もしかしたら見たことあるかも。
いい加減な私ですが、お許しを。

投稿: ゼンペイちゃん | 2008/03/27 21:32

雌花と雄花があったのですね。
勉強できました。
私は、雄花ばかりを撮っていました。
近くで見られるので、もう一度見てきます。

投稿: | 2008/03/28 01:08

ryoiさんへ:
キュウリグサはたしかに早すぎる気がします。
陽だまりのような場所なんですが、いくらなんでも
3月に胡瓜は似合いませんよね。

みかんさんへ:
もしご近所に植栽のものがないと、少し里山っぽい
ところまで行かないとならないですね。
このとおり、とても目立つので、うまく見つかるといいですね。

ぴょんぴょんさんへ:
1本に60個も花がついているのがありました!
ギネスは冗談としても、結構びっくりです。
うまく雄株と雌株の両方に出会えるといいですね。

ゼンペイちゃんへ:
これを見たら、きっとまた欲しくなりますよ。
庭木には手ごろな大きさだし…。
あ、奥様に叱られますね。見るだけ、見るだけ。。。

樂さんへ:
とても環境のいいところにお住まいなんですね。
うまく雌株もあるといいですね。
ワタシはどちらかと言うと雌花の緑っぽい色合いが好きなので、
樂さんも気に入ってくださればうれしいです。

投稿: はた衛門 | 2008/03/28 06:59

キブシに雌雄があるのですね。知らなかった。
雄株と雌株になっているのですか?それとも1本の木に雄花、雌花・・よく分からないので教えてください。
もう一回撮ってこなくちゃ。
私が見ているキブシは、長い房と呼ばれる雄花なのかな~。房がながいからハチジョウキブシと(勝手に)思っていたけど、はた衛門さんのキブシをみたらキブシに思えてきた。そのうちアップしますので判定してください^^

投稿: ちゅいろ | 2008/03/29 14:24

ちゅいろさんへ:
うへ、判定なんて大それたことはムリですが、
ぜひ見せてください。
両性花もあるという記述も見かけますが、ワタシが見た
3本の木は、雄1、雌2で、それぞれ雄花・雌花だけ
ついていました。
もっとも、木についている花全部を調べる気力はないので、
断定的なことは言えませんけど。

投稿: はた衛門 | 2008/03/30 06:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月26日(水) キュウリグサ | トップページ | 番外編 : レントゲン »