« 3月12日(水) オオハナワラビ | トップページ | 3月14日(金) マツバギク »

3月13日(木) ヒメカンスゲ

080313himekansuge_bきのうに続いて渋い画像です。ただし、これでも立派な開花写真です。
茎の先の白いブラシが雄花、その下側で茎がやや毛深い程度に見えるのが雌花です。正しく言えば、雄小穂から雄シベの葯が吹き出し、その花粉を受けようと雌小穂から柱頭が飛び出している状態です。
雌雄の小穂は苞から出ているわけで、先に茎と言ったのも、本当は苞の鞘と言うようです。この部分に赤みがあり、葉幅が狭い(4㎜前後)のが特徴で、ふつうのカンスゲ(寒菅)と比べると「姫」を実感します。

2007年のきょうオガタマノキ> 2006年のきょうダンコウバイ> 2005年のきょうシキミ

|

« 3月12日(水) オオハナワラビ | トップページ | 3月14日(金) マツバギク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月12日(水) オオハナワラビ | トップページ | 3月14日(金) マツバギク »