« 番外編 : カイピリーニャ | トップページ | 3月11日(火) アセビ »

3月10日(月) ユリノキ

080310yurinoki_b1初夏に咲く花に苦心惨憺したのが遠い昔に思えるほど、今年はきみまろのおかげで、高い枝の先の「冬の花」をも楽々撮影できました。
080310yurinoki_b2もう少し白ければ、本当に花と勘違いする人がいそうな形です。花弁のような部品は翼果で、中心の軸にたくさんついていたのが順に飛び、付け根部分の最後の一層が残っていました。
これだけ多くの種が風に乗って旅をするのだから、そこら中がユリノキだらけになってよさそうなのに、その芽吹きを見たことがありません。実生の苗を見つけるのと3億円があたるのは、いったいどちらが先でしょう。

<補注> この記事から7年後、ユリノキの実生苗をようやく見つけることができました。(2015年7月14日)

2007年のきょうウズラバタンポポ> 2006年のきょうフッキソウ> 2005年のきょうハナニラ

|

« 番外編 : カイピリーニャ | トップページ | 3月11日(火) アセビ »

コメント

「そこら中がユリノキだらけになってよさそうなもの・・・」イイギリもあれほどの実が全部ひよどりに食べられても、木は本当に少ないですよね。誰か暇で偉い先生が確率統計をとってくれませんかね。

投稿: ryoi | 2008/03/10 15:08

ryoiさんへ:
ホントですよね(膝ポン)。イイギリの実、頭上が全部赤くなる
数でしたものねえ。それが、今は1個もなし…。
あれが全部運ばれたんですね。
ウミガメの卵は食べられておしまいですけど、
ユリノキやイイギリの種は、そんな時期がきたらいっせいに
芽吹く、、、ということはないですかね(笑)。

投稿: はた衛門 | 2008/03/11 07:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : カイピリーニャ | トップページ | 3月11日(火) アセビ »