« 2月7日(木) ビワ | トップページ | 2月9日(土) カリン »

2月8日(金) シシガシラ

080208sisigasira_bゼンマイワラビが山菜として珍重されるのは、それが春に芽吹く若芽だからで、同じシダ類でもこのシシガシラは緑のまま冬を越します。野道を歩くと、周りの枯れ色を尻目に得意げに目立っています。
シダのなかでは基本的な種類だそうで、そのカッコいい名前と合わせてしっかり覚えてしまおうと思います。
緑で残る葉は栄養葉で、裏側(指でつまんだ葉)に胞子嚢がありません。夏に胞子を撒いた胞子葉(写真両端の茶色い葉)はすっかり枯れて、干物のような残骸と化しています。男としてはいささか同情したい姿です。

2007年のきょうキャラボク> 2006年のきょうナツミカン> 2005年のきょうオオイヌノフグリ

|

« 2月7日(木) ビワ | トップページ | 2月9日(土) カリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月7日(木) ビワ | トップページ | 2月9日(土) カリン »