« 1月26日(土) ニワウルシ(シンジュ) | トップページ | 1月28日(月) タンキリマメ »

1月27日(日) アオキ

080127aoki_bアオキなのに実が赤いとはこれ如何に…などと言ったら座布団を三枚取られそうです。アオキに「青い」実が残っているところが、この写真のミソなのです。
この青い実は未熟ぎみに胴回りが細く、しかも瓢箪のようにくびれています。熟した深紅の実とは好対照で、お互いを引き立てています。
この瓢箪はアオキミタマバエが作る虫こぶで、アオキミフクレフシと呼ばれます。「お前でなければダメなのさ」と口説かれた青木さんは、夏までジッと子育てです。

2007年のきょうパンジー> 2006年のきょうヒノキ> 2005年のきょうオキザリス・バーシカラー

|

« 1月26日(土) ニワウルシ(シンジュ) | トップページ | 1月28日(月) タンキリマメ »

コメント

ええ?
さすが博識、そんなこと教えてくれたら
またじっくり観察しなくていけないですねぇ。

投稿: ryoi | 2008/01/27 07:37

はた衛門さん、こんばんは。
わたくしもひょうたん型の緑の実を捜してみようと、
画像を引っ掻き回してみたのですが、
写っているのは葉っぱが凍りついた寒そうな画像ばかりでした。
それに比べ、はた衛門さんのアオキの葉は
なんとみずみずしいことでしょうか。
朝早くに見ますと、このしっかりした葉っぱも
凍ってしおれたようになっているんですよ。

投稿: ブリ | 2008/01/27 23:21

ryoiさんへ:
気にしないと見過ごしてしまいますが、
この虫こぶ、意外にフツーにどこのアオキにもついています。
ひと房全部が瓢箪だったり、瓢箪の先だけ赤くなっていたり、
なかなか見飽きません。

ブリさんへ:
ハァーア、冷凍アオキですか。くわばら・くわばら(笑)。
とは言うものの、こちらも冷え込んできました。
軟弱なワタクシめは、しばらく朝の散歩はパスです。

投稿: はた衛門 | 2008/01/28 07:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月26日(土) ニワウルシ(シンジュ) | トップページ | 1月28日(月) タンキリマメ »