« 番外編 : e-Tax奮闘記 | トップページ | 1月23日(水) ニワトコ »

1月22日(火) チョウセンゴミシ

080122tyousengomisi_b町内の新年会がありまして、その席で近所の植物好きの奥様と「赤い実」の話題になりました。9月に野辺山を旅行なさったとき見つけたものなのですが、「赤い」というだけなので、いったい全体雲をつかむような話でした。
翌日、そのとき描いた絵手紙の複製をいただきました。実の色は赤と青で正反対だけれど、この感じはマツブサによく似ています。
調べてみたら、やはり同じ科の朝鮮五味子でした。まったく初めて知る植物で、かなり風変わりな名前です。
あまりに愉快なことだったし勉強になったので、いきなり季節違いの植物を、しかも写真ならぬ絵を載せることにしました。

2007年のきょうシュロチク> 2006年のきょうサンシュユ> 2005年のきょうイヌビワ

|

« 番外編 : e-Tax奮闘記 | トップページ | 1月23日(水) ニワトコ »

コメント

奥が深いですね。
当然、私は全く知りません。
こういう植物があるんですねぇ。

昨日からぐっと冷え込んできました。
雪の中の散策、大変ではありませんか?
風邪を引かないようにしてくださいね。

投稿: ゼンペイちゃん | 2008/01/22 20:04

ゼンペイちゃんへ:
ね、名前が面白いし、姿がかわいいですよね。
天気予報におどかされてばかりいますが、先日も降らなかったし、
きょうもまだ冷え込みはゆるいんですよ。
そろそろ埼玉にも初雪があっていいころなんですが。

投稿: はた衛門 | 2008/01/23 06:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : e-Tax奮闘記 | トップページ | 1月23日(水) ニワトコ »