« 1月16日(水) トウカエデ | トップページ | 番外編 : はた衛門専用?住基カード »

1月17日(木) チゴカンチク

080117tigokantiku_b先日、通称チゴザサを取り上げたばかりで、今度は本名がチゴカンチク(稚児寒竹)という竹を見つけることができました。
稈(かん:竹などの茎のこと)がまるでルビーのように透明感のある深紅です。帰宅して「稈が赤い」で検索したら、いとも簡単に正体が判明しました。
高さは背丈程度だし、稈の太さも小指くらいで、稚児というほどかどうかはさておき、竹類のなかでは小振りです。冬陽に当たると稈がこういう色になるのだそうで、これはなかなかうまい時期の出会いでした。

2007年のきょうフクジュソウ> 2006年のきょうフユシラズ> 2005年のきょうカラタチ

|

« 1月16日(水) トウカエデ | トップページ | 番外編 : はた衛門専用?住基カード »

コメント

はた衛門さん、こんにちは。
この前、笹を見せていただいてから、
散歩をしていても笹に目が行きます。
なんと単純な。
でも見ていると、今までどれも同じだと思っていたものが
形や大きさ、葉の繁り方など
ちがっているのが少し見えてきました。
でも、笹って楚々として風になびく様も音も
おとなしやかです。
そうです・・サウイフモノ二ワタシハナリタイ・・・

投稿: ブリ | 2008/01/17 09:32

ブリさんへ:
楚々としたブリさま、いらっしゃいませ(笑)。
はい、竹や笹って奥深いですよねー。
どだい、竹と笹の境目さえ、まだまだ藪の中…。
まあ、一つひとつ、ゆっくり楽しみましょう。

投稿: はた衛門 | 2008/01/17 19:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月16日(水) トウカエデ | トップページ | 番外編 : はた衛門専用?住基カード »