« 12月9日(日) ケヤキ | トップページ | 番外編 : 思いがけない缶 »

番外編 : 思いがけない夜

071209sizuoka_b32年ぶりにうろついた静岡の夜の街でした。社会人2年目の「熱い」ときを過ごした思い出の土地は、ずいぶん「都会」になっていてびっくりです。
そんなきれいな町並みに、そこだけ時間が止まったような赤提灯です。ここ、ずいぶんお世話になりました。よくぞご無事で、昔のままの姿でいてくれました。でも、あのオバチャンはもう代替わりしただろうなあ。
…と思って入ったら、なんとオバチャンはオン歳75で現役バリバリでした。張りのある大きな声で、半世紀も前のことから今までを語ってくれました。こりゃー、あと30年たってもお会いできそうです。

|

« 12月9日(日) ケヤキ | トップページ | 番外編 : 思いがけない缶 »

コメント

師匠、静岡ではないですか。
静岡ですよ。その隣の焼津です。
家内は、静岡生まれ。
うーん、連絡してくだされば・・・。
お酒は出目ですが、お汁粉ならご一緒できたものを・・・。

投稿: ゼンペイちゃん | 2007/12/10 20:31

ゼンペイちゃんへ:
ハイ、お叱りはいただくだろうなぁ、と思ってました。
金曜の夜、着くのが遅く、土曜丸一日の仕事だったもので、
今回は失礼いたしました。
また静岡にお伺いするときには、ぜひ!

投稿: はた衛門 | 2007/12/11 06:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月9日(日) ケヤキ | トップページ | 番外編 : 思いがけない缶 »