« 12月17日(月) キジョラン | トップページ | 12月19日(水) ハクウンボク »

12月18日(火) ハクサンボク

071218hakusanboku_b春から夏の間、遠くにこの木を見つけると、一瞬ガマズミかなと思います。ただし、ガマズミの葉がもう落ちてしまったこの時期なら、間違えることはありません。
同じガマズミ属なのに、片や落葉、片や常緑とは理不尽な気がします。どんな性状を基準に属を分類するのやら、勉強の種は尽きません。
遠目では迷う見分けも、近づいて触れば一目瞭然です。ガマズミの葉も厚手ですが、ハクサンボクの葉のガッチリ具合や艶は別格です。庭にあれば映える一本です。

<補注> 同じような写真ですが、ハクサンボク(別名イセビ)の名前の不思議について触れました。(2015年11月25日)

2006年のきょうムクロジ> 2005年のきょうマリアアザミ> 2004年のきょうワビスケ

|

« 12月17日(月) キジョラン | トップページ | 12月19日(水) ハクウンボク »

コメント

たぶん、一度もこのハクサンボクは、見ていないんじゃないでしょうか。これがそうだよ、と教えてもらったこともないような気がします。生家は商売屋のため、庭より、店そして倉庫なので植物には縁がなかったのです。結婚してから草木や園芸に興味を持つようになりました。この間兄が不思議そうに「zenpeichanが園芸に興味を持つとはまったく信じられないよ」と話しましたが、当の私もほんとそう思います???なんだか得した気分。

投稿: ゼンペイちゃん | 2007/12/18 20:54

ゼンペイちゃんへ:
はい、キジョランよりは見つけやすいかもしれませんが、
それでもなかなかの珍品です。
ホント、ゼンペイちゃんの植物熱心には頭が下がります。
まさか、これもお庭に、、、とか考えてませんよね(笑)。

投稿: はた衛門 | 2007/12/19 07:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月17日(月) キジョラン | トップページ | 12月19日(水) ハクウンボク »