« 12月13日(木) ハンカチノキ | トップページ | 12月15日(土) カラスザンショウ »

12月14日(金) フウ

071214huu_b左側に見えるイロハモミジの赤と比べると、フウの穏やかな色合いがわかります。クッキリ鮮やかな紅葉はもちろん素敵ではあっても、そこはかとないこのような美しさというのも捨てがたいものです。
このフウは、漢字だと楓で、この字はカエデと読むので話が混乱してきます。
分類としてはカエデ科ではなくマンサク科なので、どうしてこんな紛らわしい名前にしたのか抗議したいところです。なのにご本人は「いいじゃぁないの」とホノボノ微笑むばかり…三つに裂けた葉の形もオトボケです。

2006年のきょうムラサキキャベツ> 2005年のきょうハナヒョウタンボク> 2004年のきょうホオズキ

|

« 12月13日(木) ハンカチノキ | トップページ | 12月15日(土) カラスザンショウ »

コメント

さすが! 
楓と書いてカエデとフウ
カエデ科とマンサク科
うーん、ややこしいが面白いですね。

投稿: ryoi | 2007/12/14 16:44

かえでって漢字で書くと「楓」ですよね。
それを、「ふう」と読ませるのですか?
この木を漢字で書いてはいけないですよね。
みなさん間違いますから。
それにしても、師匠は、なんでもご存じ。
今日もありがとうございました。

投稿: ゼンペイちゃん | 2007/12/14 18:39

ryoiさんへ:
ねえ、紛らわしいことをしてくれますよね。
さらに、カエデは本当は「槭」と書くと言われると、
いい加減にしてくれ、と言いたくなります(笑)。

ゼンペイちゃんへ:
いえいえ、最初から知ってなんていないわけで、
必死に一つひとつ覚えていこうとしてるだけですよ。
まずはむずかしい「槭」の字を覚えなくちゃ!

投稿: はた衛門 | 2007/12/15 07:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月13日(木) ハンカチノキ | トップページ | 12月15日(土) カラスザンショウ »