« 11月10日(土) トウゴマ | トップページ | 番外編 : 囚われの身 »

11月11日(日) 早咲きツバキ(西王母)

<注記> この記事本文では西王母を侘助としていますが、後日、花粉がドッサリあることが確認できました。したがって、分類的には侘助ではなく椿(早咲き)だと考えられます。自分の迷いの記録として記事はそのままにしておきますが、タイトルは早咲きツバキに訂正します。(2015年1月15日)
071111seioubo1_b間違いではなかったものの、自分の理解が浅かったことを発見しました。3年前、早咲き「椿」としてここに載せた西王母ですが、椿とは言っても侘助の仲間であることがわかりました。
侘助は椿の一種類ですから、前の言い方でも間違いにはならないでしょうが、舌足らずだったことは否めません。
では侘助ってナニ?と言うと、① 猪口型の花 ② 花粉のない雄シベ ③ 幅が狭く尖った葉…というところが特徴で、椿を一重椿・八重椿などを呼び分けるのと同じ水準の区分けのようです。

071111seioubo2_b<オマケ> 西王母とは中国神話に出てくる美女(魔女?)で、三千年に一度成るという仙桃を皇帝にあげた話が有名です。で、この侘助がなぜ西王母かと言えば、ツボミの形が桃そっくりなのでした。それでなくとも渋い侘助の、花ではなくツボミに着目するとは、趣味人というのはまったくコワイ人たちです。

<オマケその2> 西王母には花粉があるのでワビスケではないのだそうです。そう言えば花粉に触ってみていませんでした。
どうも「早咲きツバキ」のままで良かったらしいのですが、調べが不完全なので、この記事はこのままにしておきます。(2010年9月20日)

2006年のきょうラッキョウ> 2005年のきょうミツマタ> 2004年のきょうウメモドキ

|

« 11月10日(土) トウゴマ | トップページ | 番外編 : 囚われの身 »

コメント

はた衛門さん、こんにちは~。ご無沙汰していました、熱中生活のなかむらです。
侘助椿の西王母は、お茶を習っていたときに先生がよく活けてくれていた花でした。なるほど、つぼみが桃、だったとは。発見です。そういう名づけのセンスには、脱帽ですね!
それと、みんばさんのご紹介ありがとうございました~!わたしも家が近かったら太鼓習いたいぐらいですよ。

投稿: なかむらゆうこ(熱中生活) | 2007/11/15 22:45

なかむらゆうこ様:
おはようございます。その節はありがとうございました。
プライベートでご来訪いただいて、とてもうれしく存じます。
お茶をやってらしたんですね。
侘助はお茶のためにあるような花ですよね。

みんばさんですが、掲載いただいてすぐに海外出張やら公演準備が続き、ブログに手が回らないでいます。
せっかくご紹介いただいたのに申し訳ないです。
本人に成り代わりましてお詫びいたします。

投稿: はた衛門 | 2007/11/16 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月10日(土) トウゴマ | トップページ | 番外編 : 囚われの身 »