« お詫び編 : マイヅルソウの実の味 | トップページ | 10月10日(水) アブラガヤ »

10月9日(火) オヤマボクチ

071009oyamabokuti_b2葉の裏が綿毛で覆われて白いのがヤマボクチ類の特徴です。
この綿毛をホクチ(火口)にしたのだそうで、火を移すほどの量にはいったい何枚の葉が必要だったか、着火一発の現代では気の遠くなる話です。蕎麦に入れたり蓬のように餅に入れたり、生活に密着した葉だったようです。
071009oyamabokuti_b1オヤマは多くの場合「雄山」とあて、雄のつかないヤマボクチより大きい(草丈1.5mほど)意味とするようです。ただ、手元には「御山」とした図鑑もあります。

<追記> この記事の写真では根元をとらえておらず、その部分の葉形が不明です。それが心形だとオヤマボクチで、ふつうの楕円形だとヤマボクチになるそうで、この写真は後者である嫌疑が濃厚です。しかし、なにせ当時はそこを意識して写していないので、この記事タイトルは暫定で当時のままとしておきます。(2014年11月22日)

2006年のきょうアロニア> 2005年のきょうギンモクセイ> 2004年のきょうハナミズキ(アメリカヤマボウシ)

|

« お詫び編 : マイヅルソウの実の味 | トップページ | 10月10日(水) アブラガヤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お詫び編 : マイヅルソウの実の味 | トップページ | 10月10日(水) アブラガヤ »