« 10月2日(火) タマシロオニタケ | トップページ | 10月4日(木) キジョラン »

10月3日(水) ノブキ

071003nobuki_b1蕗にたとえられた葉は地面近くで広がり、そこから40~50cmものびた茎の先で花が咲きます。当然、一枚の写真には納まりにくく、幾度も口惜し涙にくれました。
というわりに、結局は今回も腕は上がらず、葉はボケボケです。ただ、かろうじて質感の記録くらいにはなるでしょう。
071003nobuki_b2さて、こちらの花では中心部の雄花がまだ残っているのに、周辺部の雌花の子房にはもう濃紫色の粘腺ができていました。このあと、雄花が枯れて果実だけが菊のご紋のような形になり、それがしつこいヒッツキ虫になります。

2006年のきょうマルバハギ> 2005年のきょうタケノコイモ> 2004年のきょうクサギ

|

« 10月2日(火) タマシロオニタケ | トップページ | 10月4日(木) キジョラン »

コメント

うちの庭にあるのはツワブキ。
これはノブキ。
うーん、ノブキって見たことなさそう・・・。
どんなところに自生をしているのでしょうか。
師匠のブログは知らない草花が多くて、ワクワク
していますよ。

投稿: ゼンペイちゃん | 2007/10/03 20:51

ゼンペイちゃんへ:
そうですねえ。別に高い山ということではなく、
里山っぽいところならわりとフツーにあります。
ツワブキほど美しくはないので、どこかのお庭で見かける
というものではないですねえ。
BD-1で少し野深いところにいらしたときに、
目をこらしてみるとあるかもしれませんよ。

投稿: はた衛門 | 2007/10/04 07:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月2日(火) タマシロオニタケ | トップページ | 10月4日(木) キジョラン »