« 10月30日(火) マムシグサ | トップページ | 11月1日(木) アブラツツジ »

10月31日(水) ノゲイトウ

071031ce_argentea
花穂はやや悲しい風情になったものの、葉が色づいてきて、全体としては帳尻が合っている…というのは詭弁です。
野鶏頭というとおり、空き地などでよく見かけます。盛夏のころ、鋭くのびたこの穂が並ぶさまは豪華と言えるほどで、いっそ「庭」鶏頭と呼びたいくらいです。
実際、お店にこれの改良型(矮性&多彩)が並ぶことがあり、それらは単にセロシア(ケイトウ属の学名)とされていることが多いようです。

2006年のきょうマルバフジバカマ> 2005年のきょうツワブキ> 2004年のきょうミゾソバ

|

« 10月30日(火) マムシグサ | トップページ | 11月1日(木) アブラツツジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月30日(火) マムシグサ | トップページ | 11月1日(木) アブラツツジ »