« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

8月31日(金) カクレミノ(斑入り)

070831kakuremino_bほとんどの木には斑入りの品種がありそうですが、カクレミノは初めて見ました。
斑入りの葉はうるさい感じがして好きになれないのですが、この木はまわりのしつらえに溶け込んで、とても美しく見えました。ものごとに孤立した存在などないということを教えてくれているようです。
カクレミノはウコギ科なのに、その樹液にはウルシオールが含まれ、塗料になるそうです。一方、ウルシ科のハゼからは蝋ができても漆は取れないようで、面白いというかややこしいというか、複雑な世界です。

2006年のきょうヒオウギ> 2005年のきょうサフランモドキ> 2004年のきょうタイワンホトトギス

| | コメント (3)

8月30日(木) ヤマホタルブクロ

070830yamahota_b山道の端に涼しげな色が揺れていました。これまでに見かけたホタルブクロは、もっと濃い紫だったり、あるいはあっさりの白でした。今回のこの薄紫なら、いかにもキキョウ科らしい姿に思えます。
ただ、ホタルブクロにはたしかいくつか種類があったはず、と思い、萼のあたりがよく見えるように撮影しました。
家に戻って調べてみたら、おー、大正解でした。萼片がすべて下向きのこれはヤマホタルブクロ、ふつうのもの(ただのホタルグクロ)は付属片が反り返ります。ひとつだけ、この写真の葉がやや細すぎる(別種か?)のが気がかりです。

2006年のきょうホウセンカ> 2005年のきょうメランポジウム> 2004年のきょうトロロアオイ

| | コメント (2)

番外編 : 空中散歩

070829kuutyuuよい子は絶対マネをしないでください!というテロップが流れそうなシーンですが、頼まれたってそんなところには登りませんって。
この猛暑の中でもきっとヒヤーッと涼しい…のは見ている方だけでしょう。いかに工業大国ニッポンでも、こういう作業は職人芸が必要なのでしょうね。

| | コメント (0)

8月29日(水) スズメウリ

070829suzumeuri_b去年の秋、飴玉のような実に一目惚れしてしまったスズメウリが、ひと月ほど前から花をつけ始めました。
左側で指に乗っているのが雌花です。最初から小さな実(子房)がついていて、うつむいて花を開きます。右側が雄花で、脳天気に空を向いて口を開けています。
じつはこのスズメウリ、ウチで育てているものです。去年の実を鉢に埋めたら、簡単に発芽しました。ただ、思わずたくさん生えたので移植したら、1本しか生き残りませんでした。次回は要注意です。

2006年のきょうシシトウ> 2005年のきょうソラヌム・ラントネッティー> 2004年のきょうガガイモ

| | コメント (0)

8月28日(火) ミツバアケビ

070828mitubaakebi_bつい調べ損ねて疑問のまま、ということは山ほどあるのですが、ミツバアケビの実はその代表でした。
ふつうのアケビは、まずあのおいしい実のことが頭にあって、それから春の花を知りました。そのあと、アケビにはミツバアケビもあり、ふつうのアケビより渋い色合いの花が咲くことを見つけました。
ところが花を写した場所を秋に訪れても実はなく、ひょっとしてミツバには実がならないのか、とあきらめ始めていたのです。うれしさ先行で、まだ青い実を掲載です。

2006年のきょうヘチマ> 2005年のきょうヤブラン> 2004年のきょうケイトウ

| | コメント (0)

8月27日(月) アキノタムラソウ

070827akitamu_bむずかしい草です…という愚痴を、何年後かに笑って読めることを願って、学習途上の恥ずかしい記録をここに掲げておきます。
知識としては、この草の名はかなり初歩的部類です。しかし、春とか夏、さらに深山を冠した仲間があり、それらをすべて見るまでは秋に自信が持てません。
名前だけでも面倒なのに、撮影はもっとてこずります。花・葉間が異様に長く、かつ花はその毛深さが特徴です。花を写せば葉は見えず、今年はこれが限界です。

2006年のきょうキクイモ> 2005年のきょうハゲイトウ> 2004年のきょうモミジルコウ(ハゴロモルコウソウ)

| | コメント (0)

番外編 : 簡潔明瞭

Genkinフツーはね、「発見した場合は金○○円申し受けます」とかなんとか、クドクドしく書くと思うんですよ。それに比べると、このパンチ力、たまりません。
新潟の万代島は、このごろすっかり垢抜けした観光スポットになりましたが、このお洒落な看板、今もご健在であらせられますやら。

| | コメント (2)

8月26日(日) ハンゴンソウ

070826hangonsou_bあとで見直したら、同じ草を二日続けてしまってボケたか!?と焦りそうです。
たしかに、どちらもキク科キオン属で、やや湿った草地に生え、1mくらいの背丈もよく似ています。もし、まばらな感じの花だけ見せられたら、自分ではたぶん見分けはつかないと思います。
それなのに自信を持って撮影できたのは、3~7枚に深く切れ込んでいる葉の形のおかげです。この反魂草の名を借りたオオハンゴンソウはおととしの夏に載せました。両者の葉の形を比べると、なるほどとうなずけます。

2006年のきょうサンゴバナ> 2005年のきょうタマスダレ> 2004年のきょうリコリス・オーレア

| | コメント (2)

8月25日(土) キオン

070825kion_bえ、気温かい? などとオヤジする気はないですが、なにやら締まりのない名です。元になった紫苑はとても優雅な響きがあるのに、黄苑だと妙に間抜けです。
その空疎感は花びらのまばらさにも原因がありそうです。先日のメタカラコウと違ってちゃんと5~6枚あるのに、変にスカスカです。
葉の形や質はたしかに紫苑に似ていて、名前を借りたのはうなずけます。しかし、紫苑ほどの草丈はなく、花もこんな様子で、二番煎じの哀愁につつまれた風情です。

2006年のきょうセイバンモロコシ> 2005年のきょうルコウソウ> 2004年のきょうコブシ

| | コメント (0)

8月24日(金) フウセンカズラ

070824huusenkazura_b先日、モクゲンジに初めて出会うまで、フウセンカズラがムクロジ科であることなどすっかり忘れていました。
そもそも、巨木になるムクロジと蔓草のフウセンカズラがお仲間だなんて、頭が最初から受け付けていなかったようです。それが、モクゲンジの袋果を見ることで、一気に合点が行きました。
桐がゴマノハグサ科とか、風船蔓がムクロジ科とか、草と木の境目なんてあって無きが如しです。なんにでも境を作りたがるのは、人間の悪い癖に思えてきました。

2006年のきょうフヨウ> 2005年のきょうキンミズヒキ> 2004年のきょうブラシノキ

| | コメント (2)

8月23日(木) ヒャクニチソウ

070823hyakuniti_bここしばらく地味~な写真が続きました。ここらでパッと明るく行かないと気持ちが暗くなりそうです。
パーッと音がしそうな百日草の花です。昔、緑色のこれを育てたことがあります。青を除けば、ほとんどの色はそろいそうです。
百日も持ちそうに丈夫なのは、まわりの舌状花です。それに比べると、中心部の筒状花はどんどん咲き上がって、こんもりと塔のようになります。小さくて毛深い五弁花が散ると、細く紐状に残った雌シベが塔を飾ります。

2006年のきょうタカサゴユリ> 2005年のきょうミズヒキ> 2004年のきょうハナトラノオ

| | コメント (0)

8月22日(水) キハダ

070822kihada_b自分で自分が可笑しくて仕方ないのですが、こういう豊かな実りを見るとたまりません。縄文の血が騒ぐとでもいうのか、もうヨダレをこぼさんばかりです。
もっともこのキハダの実については、食べられるという記述が見当たりません。有用なのはもっぱら樹皮の内側の黄色い部分です。
その黄色い内皮は、健胃・整腸や打ち身の薬として今でも貴重です。ただ樹皮の外見はふつうに黒っぽく、爪で押すとアベマキのそれと似て柔らかなコルク質です。

<補注1> キハダの内皮の試食(?)記事はこちらです。(2008年9月19日)
<補注2> 樹上で枯れきった実(と若葉)の様子はこちらです。(2008年5月25日)
<補注3> 雌花の様子はこちらです。(2009年5月30日)

2006年のきょうオオボウシバナ> 2005年のきょうクコ> 2004年のきょうハシラサボテン

| | コメント (0)

8月21日(火) オタカラコウ

070821otakarakou_bありがたいことに、この夏のうちに「お宝」に会うことができました。
名前的に対であるメタカラコウと比べると、花びらの数が多く、正面に見えている花には9枚もついています。花穂も寸詰まりでがっちり見え、そこがほっそりと長いメタカラコウとは印象が少し違います。
しかし、もっと違うのは葉の姿です。オタカラコウの葉は全体に丸みを帯びて、ちょっと見はフキの葉かと思うほどなのに、メタカラコウのそれは先や横が張り出して尖ります。女が男よりも刺々しいとは困ったものです。

2006年のきょうオトコエシ> 2005年のきょうシロガネヨシ> 2004年のきょうガガイモ

| | コメント (2)

8月20日(月) モクゲンジ

070820mokugenji_b実の奇妙さではきのうのマツブサに負けますが、珍品度では一歩も譲りません。出かけた先の町で、小学校の門の脇に見つけました。
離れたところからだと花かと思ったほど、この実はつき具合も色も華やかです。三つの室に分かれていて、大きさも形も風船カズラの実に似た感じです。
ムクロジ(無患子)の仲間で、木槵子と書きます。どうやらこの二つは込み入った名前関係のようです。さらにムクロジと同じく、この袋のなかの種は数珠になるそうです。

2006年のきょうハナキリン> 2005年のきょうトクサ> 2004年のきょうモッコク

| | コメント (0)

8月19日(日) マツブサ

070819matubusa_b最初の出会いが花ではなく、奇妙な形の実である植物というのは少なくありません。サネカズラゴウダソウの超常識的なそれに出くわしたときの驚きは、今でも鮮やかに思い出されます。
たぶん、このマツブサの実も、そんな衝撃の記憶となるでしょう。形の愉快さに加え、若い実の色が魅力的です。
黒紫色に熟したこの実で作ったワインがあります。ということは、秋の味見の期待がふくらみます。また、マツブサ科の仲間であるサネカズラに似た花がつく6月も楽しみで、鬼に笑われようと今から来年の夏を待ち焦がれます。

<補注> この実が熟した様子はこちら、花後の姿はこちらです。

2006年のきょうミニトマト> 2005年のきょうシロバナサクラタデ> 2004年のきょうムラサキゴテン

| | コメント (6)

8月18日(土) クルマユリ

070818kurumayuri_bきょうは拙の手がまた一段と図々しく登場です。まるで野生種を盗もうとしているかに見えますが、花と葉を一緒に写したいばかりの所業です。こうやればどうにか、茎の下の方で名前どおりに輪生している葉が見えるはずです。
かなり枯れかけてはいますが、花は鬼百合小鬼百合と比べるとふた回りほども小振りです。また、花びらに賑々しい斑点がないので、全体におとなしく感じます。はにかみがちな山の少女の風情でしょう。

2006年のきょうゲンペイカズラ> 2005年のきょうカラタチ> 2004年のきょうコリウス

| | コメント (0)

8月17日(金) フシグロセンノウ

070817husiguro_b升麻という名のつく草が多いというのは今年のボヤキで、去年の今ごろは仙翁という名前に毒づいていました。
わりと身近な酔仙翁麦仙翁に加え、去年は本家の仙翁に出会い、さらに今年はこの節黒仙翁を何カ所かで見かけることができました。平たい花の形が仙翁類の共通項のように見えます。
名前は節が目立って黒い(暗紫色)からですが、この株はまだ若くて、そこがまだ控えめでした。花壇から山道に紛れ込んだような花の色が印象的です。

2006年のきょうサボテン(緋牡丹)> 2005年のきょうルドベキア> 2004年のきょうツルムラサキ

| | コメント (0)

8月16日(木) ウバユリ

070816ubayu_b派手さでは山百合に負けてしまいますが、それでも花筒の長さは15~16cmもあって、堂々とした姿です。
腰丈ほどにのびた茎の先に、互い違いに三つ・四つの花が開いた様子は、まるで工芸作品のようです。どうして花と花が「あっち向いてホイ」状態に開くのか…、光に左右される開花方法でないのは確かです。
ウバには「姥」の字をあて、花の時期には歯(葉)がないからと説明されます。しかし、この花の下にはしっかり葉がありました。最近のご老体は歯が丈夫なのでしょう。

2006年のきょうマリーゴールド> 2005年のきょうゴマ> 2004年のきょうコナラ

| | コメント (2)

8月15日(水) クサボタン

070815kusabotan_b毎年毎年、難儀する苦手の草(注)です。
最大の問題は、この草がとても倒れやすく、花・茎・葉をうまく写し込めないことです。次は花が微妙な色のため、光線によっては見た目どおりに写ってくれません。そして、牡丹に似るほどきれいに裂開した葉など、そう易々とは画面に入ってくれません。
と、これだけ書き連ねておけば、このヘボ写真の掲載も自分的に納得でき…ないのですが、一応の感じだけ確認のつもりです。センニンソウの仲間なので、秋に白髪姿で再登場してほしいものです。

<補注> 文中で「草」としていますが、多くの図鑑ではクサボタンは「低木」とされ、草木の境があいまいなものの一つです。そのため、このブログのカテゴリー的には「草もの」「木もの」両方に修正しておきます。(2015年9月30日

2006年のきょうパイナップルリリー> 2005年のきょうオオハンゴンソウ> 2004年のきょうルリマツリ

| | コメント (3)

番外編 : 桃青って?

070814tousei冬青ならソヨゴだし、山桜桃と書けばユスラウメですが、はて桃青とはなんじゃいな。
と、なんでもかんでも植物の名前かと思うのはすでに病気です。これは俳聖芭蕉の若いときの号ですね。
三重県伊賀市の橋本酒造さんが造る入魂の一本です。蔵元ご夫婦が手ずから造るその味は、実直をそのまま酒にしたような骨太さです。
風雅な人とばかり思っていた芭蕉のイメージも、少しだけ変わりました。

| | コメント (0)

8月14日(火) キバナコスモス

070814kibanacosmos_bあまりの暑さにカメラもとろけたようです。まあ、特に珍しい花でもないので、イメージ写真と思うことにします。
赤いコスモスがあってもアカバナコスモスとは言わないのに、どうして黄色だけこのように呼び分けるのかと思いつつ学名を確認したら、本来のコスモスとは違っていて、同属でも別の種類でした。
そう思って見ると、どことなくふつうのコスモスとは感じが違います。あえて言えば夏目雅子と青木○やかの違いでしょうか。もちろん、秋桜とも呼ばれるコスモスのはかない風情が前者、そして花芯が妙に丈夫そうなキバナが後者です。

2006年のきょうハイビスカス> 2005年のきょうサネカズラ> 2004年のきょうエンジュ

| | コメント (0)

三十一編 : いただきもの

070813aogu_b降り来たる午後の木漏れ日蝉の声われ授かりしささやかな幸

| | コメント (0)

8月13日(月) レンゲショウマ

070813rengesyouma_b先月のトリアシショウマに続き、升麻という便利名前がついた植物です。元祖の升麻と、葉の感じが確かに似ています。
では、レンゲはと言えば、これは当然に蓮華です。もっともこの花は本物のレンゲとは姿が天地逆です。ふつうに撮っては花の作りがよく見えませんから、自然状態に比べて90度ほどお顔を上げていただきました。
上下二つの名前がどちらも借り物とは、運動会ではあるまいし、ちょっとかわいそうです。しかし、そんなことは意に介さず、淡いピンクの花とまん丸の蕾は圧倒的な存在感で夏の山路を飾ります。

2006年のきょうヌスビトハギ> 2005年のきょうツルレイシ> 2004年のきょうオモダカ

| | コメント (3)

8月12日(日) トチバニンジン

070812totibaninjin_b藪のなかで真っ赤に輝いているこの実を見つけたときの驚きとうれしさは、数日経った今でも鮮烈に蘇ります。
小さな白い5弁花は初夏に咲くそうで、残念ながら痕跡しか残っていませんでした。実を見ればわかるように、打ち上げ花火のように展開するので、来年はその時期にうまく会えればいいのですが…。
掌状複葉はいかにも「栃葉」です。名前後半部の「人参」は薬用になる根のことで、生薬名を竹節人参というように、根茎が一年に1節、横にのびるのだそうです。

2006年のきょうカンガレイ> 2005年のきょうニチニチソウ> 2004年のきょうミソハギ

| | コメント (0)

8月11日(土) メタカラコウ

070811metakarakou_bメタカラよりはお宝がよかったなぁ、なんて馬鹿を言っていると、折角のメタカラコウに臍を曲げられそうで、不適切発言は撤回です。
宝香のいわれは省略しますが、花びらが少ないのが雌宝香で、ちゃんと8枚ほどあるのが雄宝香です。女性優位の名が多い植物界ではやや珍しいネーミングです。
…というわけで、これは散り際でも虫に食われたのでもありません。もし事前学習なしでこんな情けない姿に出会ったら、「完全な花」を求めて歩き回ったことでしょう。

<補注> 花の様子を詳しく見た写真はこちらです。(2014年7月22日)

2006年のきょうコリウス> 2005年のきょうタマガヤツリ> 2004年のきょうハツユキソウ

| | コメント (2)

8月10日(金) ヤマホトトギス

070810yamahoto_b流れる汗を拭きながら、起伏に富んだ野道を歩き回っていたら、哀れに思った神様が秋の気配を恵んでくれました。
白花系のホトトギスの仲間としては出会いが一番あとになりました。名前も見かけも似ているヤマジノホトトギスは去年見つけました。
そのヤマジノの花びらは水平に開くのに対し、ヤマの花びらは強くそり返るのが一番の違いです。あとはヤマジノの花柱は真っ白なのに、こちらは少し斑点が入ります。

2006年のきょうマルバタマノカンザシ> 2005年のきょうベニバナサワギキョウ(ヨウシュサワギキョウ)> 2004年のきょうゴンズイ

| | コメント (0)

三十一編 : 感謝

070809seseragi
冷たさを汲んだバンダナ神々し山の香りを聞きつつ汗拭く

| | コメント (0)

8月9日(木) サンショウバラ

070809sansyoubara_bきのうの苔桃のように愛らしい実もあれば、このように憎たらしい実もあります。
というのはかなり八つ当たりです。サンショウバラの花を毎年撮り逃してしまうので、つい実の方に悪態をついてしまいます。この棘がかなり威圧的だし、4cm弱はある直径もなかなかの迫力です。
5月ごろ咲く花は一重のうっすらピンクでかわいい…らしいのですが、なぜかその開花時期に出会えません。めぐり合わせの悪さは、次の春にこそ断ち切りたいものです。

<補注> 開花のようすはこちらです。

2006年のきょうカボチャ> 2005年のきょうシコンノボタン> 2004年のきょうヒルガオ

| | コメント (3)

8月8日(水) コケモモ

070808kokemomo_b名前のコケは地に這う姿を言ったもので、苔とは関係ないツツジ科です。
苔桃のジャムをたまに見かけますが、たぶん外国産でしょう。写真の左端に入れたワタシの中指が、まるで膝頭のように見えるほど小さい苔桃の実です。
もちろん貴重種ですから勝手に採ることなんてできません。熟して崩れていた一粒だけ、お毒見させていただきました。裏庭で育てた苔桃でジャムを作る…というのが人生至高の贅沢と思えるお味です。

2006年のきょうウド> 2005年のきょうイネ> 2004年のきょうクサギ

| | コメント (0)

8月7日(火) ミヤコグサ

070807miyakogusa_b冬を除いて、わりといつでも咲いているのに、今までいい写真が撮れませんでした。夏休みもせず咲いていてくれたので、ようやくどうにかこうにかの一枚です。
しかし、ここに出すにあたって調べたら、3出複葉だと見えた葉はじつは小さな葉があと2枚あるのだそうで、まだまだ挑戦が必要です。
名前から都に関係しそうだし、そういう説がメジャーです。しかし、血管のようにのびる枝から脈根草と呼ばれ、それが転訛したという説もあって、ちょっと心惹かれます。

2006年のきょうオモダカ> 2005年のきょうツユクサ> 2004年のきょうナツズイセン

| | コメント (0)

8月6日(月) タマアジサイ

070806tamaajisai_b名前のとおりアジサイの仲間ではあっても、ほかのアジサイがドライフラワー状態になる今ごろに悠然と花を開くのんびり屋さんです。
その時期的な面白さよりもっと独特なのがこの蕾の形です。開いてしまえばふつうのガクアジサイみたいなのに、生命力みなぎる球形は愛らしくも荘厳です。
しかも、開いていく過程がまた味わい深く、ブロックごとに崩れていく様子はロシアンエッグを思わせます。ゆっくり展開する様子を眺めると、半日楽しむことができます。

2006年のきょうウイキョウ(フェンネル)> 2005年のきょうフサフジウツギ(ブッドレア)> 2004年のきょうイヌキクイモ

| | コメント (3)

三十一編 : 盆踊り

070805bonodori
乱れ打ちってそういう意味じゃないでしょと思う太鼓もまたほほえまし

| | コメント (0)

8月5日(日) クサレダマ

070805kusaredama_b酷い名前ランキングがあれば十傑には入りそうなクサレダマです。ただ、本当は「腐れ」ではなく、そう思ったのはワタシの誤解です。素人を惑わせる罪な名前です。(名前の解説は省きます)
さらに、最近は絶滅危惧種に指定されている地域が増えました。名前も酷ければ存在も脅かされていて、哀れさを感じてしまいます。
とは言いつつも、ちょいと湿気のある日向にごくふつうの風体で存在していました。特別にひ弱には見えないし、腐らずにがんばってほしいものです。

2006年のきょうサボンソウ> 2005年のきょうベゴニア> 2004年のきょうフヨウ

| | コメント (0)

三十一編 : 誰のためでもなく

070804inoti
命ひとつ乗せたことなどつゆ知らずただにホテイの葉は艶やかに

| | コメント (0)

8月4日(土) ナツハゼ

070804natuhaze_b微妙な時期のナツハゼをとらえることができました。名前のとおり、夏に紅葉が始まっているのに、実はまだ熟す前のルビー色です。
実が真っ黒になってもあまり紅葉しない木もありますが、その差はどうやら日当たりの加減のようです。色づきのいいこの木は陽光燦々の場所にありました。
惜しいのは実のつき具合が今イチだったことで、それを見るなら去年の秋の写真に軍配です。しかし、今回はこの色按配がお宝で、自分にとっては大事な一枚です。

2006年のきょうセンノウ> 2005年のきょうブルーベリー> 2004年のきょうタラノキ

| | コメント (0)

8月3日(金) コオニユリ

070803kooniyuri_b花の色や模様は、先月下旬に載せた鬼百合と見分けがつきません。茎を起こして撮りましたが、うつむいて咲く姿も両者そっくりです。大きさも、鬼百合がひと回り上に感じますが、絶対的ではないようです。
となると、見分けの第一はやはり零余子(むかご)の有無で、写真の茎(葉の付け根)にはその気配がありません。
また、葉の形もかなり違います。鬼百合の葉は幅があり、幾筋か走っている平行脈がはっきり確認できますが、それに比べてこちらは一枚一枚が細く繊細です。

2006年のきょうトコロ> 2005年のきょうキツネノカミソリ> 2004年のきょうスベリヒユ

| | コメント (2)

8月2日(木) キンロバイ

070802kinrobai_b晴れて金銀がそろいました。このキンロバイ(金露梅)の変種にあたるのが先月載せたギンロバイ(銀露梅)です。
キジムシロ属では唯一の木本ではあるものの、立ち上がるものではないようで、足首程度に這って広がります。これは昼過ぎの撮影ですが、早朝ならきっと名前どおりにたっぷりと露を受けていそうです。
本来の生息場所である高山帯で時期も良ければもう少し花つきもいいでしょうが、ピクニック程度の場所、しかもギリギリの時期では花を二つ写し込むのに苦労しました。それでも自分には輝いて見えた黄金の花です。

2006年のきょうモミジアオイ> 2005年のきょうカナムグラ> 2004年のきょうタマサンゴ(フユサンゴ)

| | コメント (0)

8月1日(水) オレガノ(ハナハッカ)

070801oregano_b葉を一枚ちぎって揉んでみると、これぞピザの香りです。あの、ちょっとツンときて、渋い大人を感じさせる風味の元がこれでした。
ハーブとしては異様に小型の葉で、むしろ髪飾りのような花が目立ちます。わりと地味な花が多いハーブのなかでは異色のもので、十分に鑑賞に値します。
この写真は、道端のプランターの隅に4~5株植えられていたものを撮りました。調理にはそんなに大量に使うものではないだろうし、家の前の彩りにもなるし、美しさと実利を兼ね備えた賢い育て方です。

2006年のきょうミゾカクシ> 2005年のきょうシマサルスベリ> 2004年のきょうコナラ

| | コメント (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »