« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

7月31日(火) キハギ

070731kihagi_bこの配色の花は萩のなかでも珍しい(ので探しやすい)というわりに、節穴の目ではよくわからず苦労しました。これかなと思うと葉が違い、今度はどうだと思えば茎が違うという苦労の末、ようやく探し当てました。
名前のとおり木質化した枝にうれし涙です。葉もとても硬い感じで、ほかの萩とは印象がかなり違います。
面白いのは写真の一番上に写った花で、シベが一本飛び出したままです。萩のシベというのは、ふだんは格納されていて見えなくて、虫が花びらに乗ると出るそうです。しまい忘れた一本でしょうか。

2006年のきょうナツズイセン> 2005年のきょうマンリョウ> 2004年のきょうサンゴジュ

<注記> 思うところあって、ブログ名を改めました。ハンドルも「はた衛門」に変更します。(7月31日 元・はたざくら)

| | コメント (3)

7月30日(月) マタタビ

070730matatabi2マタタビの白い葉がヒラヒラする景色を新幹線の窓から見て歯ぎしりしたのは先月下旬のことでした。
あれからひと月、花はもう姿を消し、青い実が膨らみはじめていました。左側でピンボケしているのは、かなり緑に戻りかけた葉です。
さて、もうひとつ説明が必要なのは、右側にある虫こぶです。木天蓼(もくてんりょう)という生薬になり、あるいはマタタビ酒のもとになります。マタタビを見て喜ぶのは猫だけではなく、人間さまだって小躍りしてしまいます。

<補注> 開花時期の様子はこちらです。

2006年のきょうアカザ> 2005年のきょうメヤブマオ> 2004年のきょうミズキ

| | コメント (0)

三十一編 : やややのや

070729yabukanzou_b山の辺に ヤブカンゾウの果てしなく やむこともなし 山鳥の鳴く

| | コメント (2)

7月29日(日) カライトソウ

070729karaitosou_bゆかしい名前が心に残る唐糸草です。今どきだったら猫の尻尾草とか言われそうでも、現代風なキャッツテールあたりとは風格が違うように思います。
本来は白山などに咲く高山植物なのに、平地でも栽培は可能なようです。ネムのそれを押しつぶしたような葉も、花に劣らずきれいです。
一本が10cmもある花穂がふさふさしている様子は迫力があります。花びらはなく、長くのびた雄シベが唐糸の正体です。左側に、開花前後の穂が写っています。

2006年のきょうママコノシリヌグイ2005年のきょうオミナエシ2004年のきょうホウキギ(コキア、ホウキグサ)

| | コメント (0)

7月28日(土) ソクズ

070728sokuzu_b蒴藋、二つ目の字はクサカンムリに翟です。この二文字でソクズだそうで、これをサクテキ(サクチョウとも)と読むと、生薬の名前になります。
この植物の名をソクズと初めて知ったとき、あの葛(くず)とどうつながるのかと訝(いぶか)しく思ったものです。古くはサクドウとも呼ばれたようで、どうやらそれがソクズに変化(音便)したようです。
別名がクサニワトコで、葉の形がニワトコに似ると言われています。この草の背丈も高くて、それも木にたとえられる所以かもしれません。さらに、この白い花も多少はニワトコを思わせて、立派な茎葉の上に白い花をつけた姿はとても涼しげです。

<補注> 秋には赤い実になりました。(2009年9月15日

2006年のきょうウマノスズクサ> 2005年のきょうコガマ> 2004年のきょうオオニシキソウとコニシキソウ

| | コメント (0)

7月27日(金) トウモロコシ

070727toumorokosi_b見慣れたトウモロコシの雄花が畑で目立ちます。お気楽に風に揺れているだけと思ったら、案外に健気な奴であることに気づきました。幾本かの雌穂がヒゲを出し切るまで、ズーッと花粉を降らし続けなければいけないのです。
あのヒゲの一本でも受粉し損なえば、歯の欠けたような実になってしまいます。あるいは、授粉後半になって雄花が力尽きてしまうと、遅く出てくる先端部のヒゲが受粉できずに先細りの実になります。
おいしいビールの友を作るため、雄花よ、きょうも頑張るんだぞォ。

2006年のきょうオグルマ> 2005年のきょうシルクジャスミン> 2004年のきょうタカノハススキ

| | コメント (0)

7月26日(木) ルリタマアザミ

070726ruritama_c気のきいた喫茶店などで見かけるときは花瓶に花だけだったので、露地で葉を見て「アザミ」の名に納得です。けっこう花の近くまで葉はついているので、花屋では葉を落として売っているようです。
写真は葉がまだきれいなところを選んだというのに、かなり痛みは進んでいます。暑さはやや苦手なのでしょう。
蕾状態の棘々&丸々した姿(写真右手)がかわいいし、水中で揺らめいているような開いた花びらもきれいです。しかしその二つの場面が両立した開花途中の花は、うーん、いかにも二兎追いでした。

2006年のきょうセリ> 2005年のきょうコンロンカ> 2004年のきょうカクレミノ

| | コメント (5)

7月25日(水) オニユリ

070725oniyuri_bいつまで経ってもできないのがムカゴの書き取り(正解:零余子)です。何度練習しても、あしたには読む方さえ怪しくなってしまいそうです。
左側の茎で、葉の付け根にその真っ黒な零余子が見えます。鬼百合の特徴である零余子が見えるように写すには、うつむいて咲く花に我慢してもらいました。
ホクホクした百合根は大好きなのに、鬼百合の根は少し苦いと言います。元々は救荒用として普及したもののようで、食用には小鬼百合の方が適しているそうです。

2006年のきょうオトギリソウ> 2005年のきょうヒレハリソウ(コンフリー)> 2004年のきょうファンフラワー

| | コメント (0)

7月24日(火) ソバナ

070724sobana_b疎林のなかに薄紫の花が散在していました。ほの暗い木陰に紫が目立ちます。よく見れば花色が白いものも混じっています。
いかにもキキョウ科らしい花の色と形ではあっても、これになぜソバという名がつくかが問題です。あてる漢字としては、蕎麦・岨(そば)・杣(そま)の三つがあるものの、どれも決め手を欠くようです。
茎を折ったり茹でたりする(食用)と蕎麦の香りがするという説があります。しかし、残念ながらワタシの鼻ではこの説は却下でした。季節にもよるので断定はできなくても、岨や杣にやや肩入れです。

2006年のきょうツキヌキニンドウ> 2005年のきょうニワウメ> 2004年のきょうルリヤナギ

| | コメント (0)

7月23日(月) ミョウガ

070723myouga_b1ヤブ茗荷ハナ茗荷の後塵を拝してしまったものの、それらに名前を貸した本来の茗荷の花をようやく撮影できました。
噂どおりのお化けみたいな姿です。一日花なので、右側のきのうの花はもうダウンです。放っておけばこうやってどんどん花になるそうで、あの食べる茗荷(花の基部)は花穂であることがわかります。
070723myouga_b2ふつうの植物はのびた茎に花をつけるのに、ミョウガの茎には花が咲きません。こうした形態を偽茎と呼ぶそうです。

2006年のきょうキヌタソウ> 2005年のきょうヒヨドリジョウゴ> 2004年のきょうタブノキ

| | コメント (2)

7月22日(日) ヤブカラシ

070722yabukarasi_b身近ではあってもなかなかここに載らないものがあります。その理由は各種各様ではあっても、一番多いのはうまい写真が撮れないことです。
このヤブカラシで悩んだのは花びらです。咲いてすぐに散るらしく、いいポーズで撮らせてもらえませんでした。
4枚の緑色の花びら、雄シベ・雌シベがまだきれいなものをようやくとらえ、後方でボケてはいるものの5出複葉の姿も入れ込むことができました。稔ることが少ない実も一緒に入れば最高でしたが、そこまでは無理でした。

2006年のきょうクリナム・パウエリー> 2005年のきょうイヌゴマ> 2004年のきょうノブドウ

| | コメント (2)

7月21日(土) ツボサンゴ・パレスパープル

070721heuchera_bツボサンゴというのは赤い花だと思ってこれを苗で買ったのは3年前でした。順調に育って花の軸は出るものの、花は開かずにショボついたままが続きました。
ナメクジにやられているのだと思って、その薬だって撒きました。もう捨てようとしたら、どうもこれで全開らしいことに気づきました。
そう思って見ればそれなりに渋く見えてきました。夏になって緑が増したものの、赤銅色の葉がこの品種のチャームポイントです。花は付属品と思うことにします。

2006年のきょうシロネ> 2005年のきょうハナヅルソウ> 2004年のきょうアカメガシワ

| | コメント (2)

番外編 : ポスター

070720ozawaポスターを貼る人はもう少し周囲に配慮すべきですね。このオトーサンとヤブカンゾウ、妙に似合ってしまって、ついパチリ!!
ヤボったくて暑苦しい見かけですが、なかなか逞しそうだし、どこか憎めないかわいらしさもあるし、あ、いや、ヤブカンゾウのことですよ、あくまで…。

| | コメント (2)

7月20日(金) シダルセア

070720sidalcea_b花が見るからにアオイ科なので、初めて見かけたのに「Sidalcea」という名前はすぐに調べがつきました。
学名は単純にローマ字読みという原則があっても、さて「ce」はケでしょうか、セでしょうか。なんとなくセに思うし、多数派でもあるし、ここはシダルセアとしておきます。
という細かいことは置くとして、腰丈くらいの高さで8㎝ほどの直径の花がポンポンついて、タチアオイでは収拾をつけにくい場所には最適です。茎上部の葉がスレンダーなことも美点に思えます。

2006年のきょうラッカセイ> 2005年のきょうセイヨウハッカ> 2004年のきょうサツマイモ

| | コメント (0)

7月19日(木) チゴザサ

070719tigozasa_b草木が基準のものより小振りであることを示すには、頭に「姫」をつけることが一般的です。しかして、その修飾が「稚児」となったからには、もっとミニサイズの意味でしょう。向う脛ほどの丈で群がっていました。
もっとも、小ささだけならチヂミザサにかないません。もしかしたら、稚児という形容は、このかわいい小穂に着目したものかもしれません。
一粒が2㎜ほどで、ここから花粉を出し、雌シベが受精します。面白いのは柄が波打つことです。こんな軌跡を見せながら、夏の夜空にあがる花火を思い出します。

2006年のきょうヤクシマハギ> 2005年のきょうコバギボウシ(斑入り種)> 2004年のきょうヒメヒオウギズイセンとミズヒキ

| | コメント (0)

7月18日(水) シオデ

070718siode_fbアイヌ語由来説がメジャーなシオデとは言え、馬の鞍の四緒手結びから来たとする説に一票入れようと思います。藪のなかで、蔓が四方八方に絡み付いていました。
サンキライとは近い仲間なので、平行脈の葉が似た感じです。もっとも、実はサンキライのように赤くはなく、晩秋には渋く黒変します。
070718siode_mb_2雌雄異株で、今が花どきです。雌雄とも、長くのびた花柄の先で球形に花が展開するのは同じでも、個々の花が地味な雌花(1枚目写真)に比べ、雄花(↑)はまるで線香花火のようです。儚くも美しい男の美学でしょう。

<補注> 花の細部がわかりやすい写真を載せ直しました。(2011年7月24日

2006年のきょうノハナショウブ> 2005年のきょうサトイモ> 2004年のきょうジュズダマ

| | コメント (0)

お詫び編 : クレオメのシベ

070717cleome_bきのうのクレオメの記事で、当初、花から飛び出たシベを「雌シベ」としたのは、「雄シベ」の間違いでした。
花が枯れるころ(上の写真中央)、雌シベはグーンとのびているのに、咲いた直後(写真左端)は1㎝に満たないものでした。また、咲き出したときはピンクの花色が、日を経ると白く変わるのも、この写真でわかります。
右端は花びらが落ちたあとのもので、子房(種)が少し膨らみかけています。この部分が生長して長くなったものは、きのうの写真に入っています。

| | コメント (2)

7月17日(火) チダケサシ

070717tidakesasi_b前にチオノドクサを載せたときも、その名前がずいぶん剣呑な響きだと思いました。しかし、これも危なさ加減では負けない名前です。
さらに、本来の乳茸刺の由来にも異説があって、乳茸の生える広葉樹林にはチダケサシは育たないので、あくまで想像でつけた名前ではないかと言います。
乳茸にお目にかかったことがない(注)ので、ことの真偽はわからないし、もっと面倒なのはトリアシショウマアカショウマとの見分けでしょうか。花の色には変異がありそうとは言え、この花はこれだけきれいなピンクだったので助かりました。

<補注> 乳茸にお目にかかることができた上、チダケサシと乳茸の関係が判明しました。(2009年8月23日

2006年のきょうトモエソウ> 2005年のきょうオイランソウ> 2004年のきょうヤブツバキ

| | コメント (2)

7月16日(月) クレオメ

070716cleome_b久しぶりの朝撮り画像です。けさの爽快な空気、写っているでしょうか。
おっと、写したのは空気ではなくクレオメでした。腰の高さほどに背がのびているにもかかわらず、きのうの強風にも損害はゼロの様子です。歩車道の境目で、毎年勝手に咲き出す元気者です。
スプーンのような花びらと、長く突き出た雄シベ(注)が魅力です。西洋風蝶草という和名があって、結構いい名だとは思っても、クレオメという不思議な響きの呼び方が定着しているようです。

<補注1> 写真で見るとおり、長い柄の先に種がついているので、記事作成当初は長く飛び出たシベを雌シベとしていました。いただいたコメントで自分の間違いに気づき、そこを訂正し、追加記事を作成しておきました。(2007年7月17日追記)
<補注2> クレオメの花を写し直しました。(2015年8月8日)

2006年のきょうアサザ> 2005年のきょうヒメヒオウギズイセン> 2004年のきょうリアトリス

| | コメント (2)

7月15日(日) イチジク

070715itijiku_b「九」と一文字だけ書いてイチジク(一字九)と読むのは洒落ですが、「無花果」と書いてイチジクと読むのは国語の常識問題のはずです。
ただ、名前のように花がないわけではなく、この偽果のなかに花があるというのは、これは理科の時間の常識レベルになるのでしょう。
さて、問題は常識が二つ並んでは立たないことです。理科の常識は事実なので、国語の方がじつは大きな間違い含みなのか、あるいはそんなことは百も承知で見かけを形容したのか、面倒なことをしてくれたものです。

2006年のきょうヒマワリ> 2005年のきょうオオエノコログサ> 2004年のきょうユリ(品種不詳・カノコユリ系)

| | コメント (0)

7月14日(土) チョウセンシラベ・シルバーロック

070714tyousensirabe_bカールして裏返った葉が、まるでお菓子細工のようです。
背丈ほどもある木全体がこの調子ですから、ドンヨリの梅雨空の下でも周囲を明るくしていました。庭に一本あったらと思わせますが、モミの仲間で大きくなるようですから、よほどのお庭でないと手入れが大変そうです。
名前どおり韓半島に自生する木で、強くて育てやすいそうです。シラベは白檜と当てます。日本にもシラベやシラビソ(白檜曽)と呼ぶマツ科モミ属の木があります。

2006年のきょうカランコエ> 2005年のきょうマルバマンネングサ> 2004年のきょうホテイソウ

| | コメント (2)

7月13日(金) セイヨウニンジンボク

070713seiyouninjinboku_b葉が朝鮮人参に似ているからと名づけられたのがニンジンボクで、その人参木に近い外来種だから西洋人参木というわけですが、引用された二つが未収録(補注参照)なのは困ったものです。
図鑑で確認すると、朝鮮人参の葉はふつうの楕円形です。まるで伝言ゲームのように、葉がこんなに細くなりました。
この木は鉢植えになっていて間近に撮影できましたが、地植えなら見上げる大きさになります。夏の間、この涼しげな色の花をつけるので、日除けには絶好です。

<補注> 翌年の同月同日には朝鮮人参(オタネニンジン)を、さらに4年後の夏にはニンジンボクを収録することができました。(2011年7月18日)

2006年のきょうチドリソウ> 2005年のきょうヘメロカリス> 2004年のきょうヘクソカズラ

| | コメント (0)

番外編 : 象鼻杯(ぞうびはい)

070712zoubihai1b夏季限定のお酒の楽しみ方が世にあることを知って、この日を楽しみに待ちました。
隣町・朝霞市のハス農家で1本50円也の葉を求め、持参した「少量」のお酒を注いで、いそいそとお味見です。
070712zoubihai2b蓮の香りがほのかにうつって、なんぞと言いますが、ホントのところは、、、これぞまさしく酔狂ということで…。

| | コメント (2)

7月12日(木) ヘリアンサス・アトロルベンス

070712helianthus_atrorubens_b学名そのままという手抜き名前は本当に困りものです。ただ、「ニセヒマワリ」などと呼んだらかわいそうだし、「寸詰まり向日葵」ではもっと悲惨になります。
…と向日葵にこだわっているのは、ヘリアンサスが向日葵の属名だからです。つまり、これはふつうの向日葵(Helianthus annuus)と同属の仲間です。問題なのは後ろのアトロルベンスでして、さてさてどう覚えたものでしょう。

<補注> ヒメヒマワリという呼び名が存在するようですが、この名前はほかの属のものにも使われたりして安定していないと考え、今回は使用を控えました。

2006年のきょうカラスビシャク> 2005年のきょうヤブミョウガ> 2004年のきょうアメリカフヨウ

| | コメント (4)

7月11日(水) ラムズイヤー

070711lambs_ear_bライオンの耳というのがあって、あれはたぶん毛羽立った花からきた名前でしょう。しかし、こちらは間違いなくこの幸せな手触りの葉を形容しているはずです。
羊の耳と言われても、にわかにその形が思い出せませんでした。調べてみて、なるほど、ピョンと横に飛び出して、まあこんな感じと言えば言えますか。
これがマトンズイヤーだったら全然かわいくないですが、家畜を年頃で呼び分けるというのはある意味で凄まじい文化です。イナダがブリになる国もありますけど…。

2006年のきょうゴシキドクダミ> 2005年のきょうアガパンサス> 2004年のきょうカラスウリ

| | コメント (3)

7月10日(火) カラタチバナ

070710karatatibana_b去年の11月の末、タチバナとカラタチバナを続けて取り上げ、カラタチバナ(唐橘)の名前の由来に疑問を呈しました。
タチバナ(橘)の花に似た花をつけるからという説があって、その真偽やいかにと半年待ちました。薮蚊の多い薄暗がりでとらえたその花は、あの凛々しい橘の花には少し遠い気がします。
せっかく宿題はやり遂げたのに、気分爽快とはいかない結果です。余計なことは詮索せずに「名前は記号だ」と思えばよかったものを、自業自得の人生は続きます。

2006年のきょうモナルダ> 2005年のきょうサルスベリ> 2004年のきょうメマツヨイグサ

| | コメント (2)

7月9日(月) グリーンローズ(四季咲きバラ)

070709greenrose_bせっかくこれ目当てに訪ねたバラ園で、危なく見逃すところでした。4~5m行き過ぎて、何気なく振り向いた緑の藪がこれでした。
同じ緑の花でも、グラジオラスとか百日草とかはもう少しふつうっぽくてきれいなのに、このグチャグチャ具合はどう贔屓目に見てもただのゴミではありませんか。
と思ったら、この花びらは萼や雄シベが変化したものだそうで、雄シベが花びらとはハタザクラのお仲間…、いゃ~きれいです。(山形県村山市・東沢バラ公園にて)

<補注> このグリーンローズはコウシンバラの亜種(Rosa chinensis ssp. viridiflora)、または変種(Rosa chinensis var. viridiflora)という位置づけです。

2006年のきょうカラジューム> 2005年のきょうナンキンハゼ> 2004年のきょうタイサンボク

| | コメント (3)

7月8日(日) トリアシショウマ

070708toriasisyouma_bショウマ(升麻)という名前は、よほど便利なのか、あるいは響きがいいのか、わりと多くの植物がそう呼ばれています。
その根から生薬をとる更科升麻がこの名前の元祖なのでしょうが、それとは科まで違うこちらにも升麻の名がつけられています。たしかに、葉や茎の様子が元祖と似た雰囲気ではあります。
トリアシは鳥足で、三裂した小葉の形に由来します。葉の形がこれと同じで、茎や葉柄が赤みを帯びるアカショウマもありますが、今回のものには赤っぽさがないのでトリアシショウマとしました。

<写真の追加> 花の具合がいい1枚を追加しておきます。(2017年6月1日)
170601toriasisyouma
2006年のきょうキュウリ> 2005年のきょうトウネズミモチ> 2004年のきょうビヨウヤナギ

| | コメント (0)

7月7日(土) シャシャンボ

070707syasyanbo_bいかにもツツジ科らしい鈴型の花が、これこそ鈴なりという賑やかさです。
愉快でかわいらしい音の響きを持つ名前ですが、これは小々坊の訛りといいます。この花も、その形容にあてはまりそうに小さい(直径5~6㎜)のですが、本当は丸くて小さい秋の実が名前のもとです。
その実はブルーベリーに似て、いかにもポリフェノール満点みたい(あくまで想像)な黒紫色です。味はやはり自然品の範囲でも、歩き疲れにはうれしい味です。

2006年のきょうナス> 2005年のきょうチヂミザサ> 2004年のきょうシャグマユリ

| | コメント (2)

7月6日(金) ギンロバイ

070706ginrobai_b光があるから陰があり、表があれば裏があり、こういうセット感覚に基づけば、銀はつまりは金の引き立て役…と言ったら独断に過ぎるでしょうか。
金露梅(キンロバイ)を収録する前に銀露梅(ギンロバイ)を載せることになったので、銀贔屓には顰蹙を買いそうな八つ当たりです。まったく、植物はなかなかこちらの都合で目の前に現れてはくれません。
と嘆いていたら、銀露梅には白露梅という別名があるようで、ウン、これなら二番手イメージのない名です。などと自分をごまかさず、早く金露梅を探しましょう。

<補注> 翌月、めでたく金露梅を撮影できました。(2007年8月2日)

2006年のきょうヤマモモ> 2005年のきょうリョウブ> 2004年のきょうモミジアオイ

| | コメント (0)

7月5日(木) リシマキア・プンクタータ

070705lysimachia_b腰丈ほどの茎が林立し、その節々に輪生状に真っ黄色の花が密について、とても賑やかな眺めを作ります。
終わった花はポタポタと落ちて、地面も賑やかです。花びらの裂け方が深いので、見た目は合弁と思えませんでしたが、咲いている形のまま散っています。
地下茎で増えるというし、植栽に便利そうですが、問題はその名前です。適切な和名がないようで、学名そのままの呼び名ですが、さーて、これは何遍繰り返せば覚えることができるでしょう。

2006年のきょうアフリカハマユウ(インドハマユウ)> 2005年のきょうノブドウ> 2004年のきょうアサガオ

| | コメント (2)

7月4日(水) ヒツジグサ

070704hitujigusa_b高野槙くんの叔母様のお印として知られた植物です。
降嫁なさってもお印はご愛用でしょうか…という要らぬ詮索はさておき、未草と睡蓮はいったいどこが違うのだろうと不思議でした。今回、これこそ未草という画像を得たので、少し真面目に調べました。
結果、日本自生のこの白い水草が未草で、別名の睡蓮は外来のカラフルなものの呼び名との混同であることがわかりました。未は花の時刻にちなむようですが、2時ごろ開く説に対し閉じる説もあり、依然不思議です。

2006年のきょうコンボルブルス> 2005年のきょうワルナスビ> 2004年のきょうメタセコイア

| | コメント (2)

7月3日(火) イタチハギ

070703itatihagi_b鼬(いたち)の最後っ屁で有名なあのイタチを名前に戴いています。この黒紫色の花穂を尻尾に見立てたのでしょう。
ただ、かつて沼の辺(ほとり)で一度だけ見たことのある鼬の尻尾は茶色で、ここまで黒くはなかったはずです。全体のふてぶてしい感じからのネーミングでしょうか。かなり異様な花色なので、遠くからでもよく目立ちます。
別名がクロバナエンジュで、こちらの方が語感はきれいです。しかし、エンジュとはかなり生態が違い、分枝して横に広がります。名づけとはむずかしいものです。

2006年のきょうオカトラノオ> 2005年のきょうボタンクサギ> 2004年のきょうユズリハ

| | コメント (2)

7月2日(月) ヤマユリ

070702yamayuri_bこの写真をファイルから引き出したら、百合の香りが漂いました。梅干の例を思い出すまでもなく、記憶には五感を呼び覚ます機能があるようです。
植物で「山○○」と呼ばれるものは、ふつうは素朴で控えめな見目のはずなのに、このヤマユリを前にしたら、花壇の百合も恐れをなして逃げ出すことでしょう。
男の背丈ほどにのびた姿には圧倒されるし、その先にボンボーンと開いたこの花は、目一杯開いた手のひらと同じ大きさです。派手さでは野の花の最高峰でしょう。

2006年のきょうテリハノイバラ> 2005年のきょうツルハナナス> 2004年のきょうノウゼンカズラ

| | コメント (2)

7月1日(日) コナスビ

070701konasubi_b1この実を茄子に見たてた時代というのは、そこまで食糧事情がシリアスだったのか、と少ししんみりしてしまいます。たしかに、漬茄子でこんな丸い形のものは見るとして、サイズがあまりにも…。
しかも、その小さな実はうつむき加減なので、ついお節介の指が必要です。
070701konasubi_b2070524前の秋に、近所の草むらで座布団ほどの群生を見つけました。秋にも花はつけたものの、本来の花期は春です。
この2枚目の写真は5月下旬の撮影です。光線状態が不満足だったので撮り直そうと思っているうちに、花は終わっていました。

2006年のきょうアリアケカズラ> 2005年のきょうハルシャギク> 2004年のきょうザクロ

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »