« 7月2日(月) ヤマユリ | トップページ | 7月4日(水) ヒツジグサ »

7月3日(火) イタチハギ

070703itatihagi_b鼬(いたち)の最後っ屁で有名なあのイタチを名前に戴いています。この黒紫色の花穂を尻尾に見立てたのでしょう。
ただ、かつて沼の辺(ほとり)で一度だけ見たことのある鼬の尻尾は茶色で、ここまで黒くはなかったはずです。全体のふてぶてしい感じからのネーミングでしょうか。かなり異様な花色なので、遠くからでもよく目立ちます。
別名がクロバナエンジュで、こちらの方が語感はきれいです。しかし、エンジュとはかなり生態が違い、分枝して横に広がります。名づけとはむずかしいものです。

2006年のきょうオカトラノオ> 2005年のきょうボタンクサギ> 2004年のきょうユズリハ

|

« 7月2日(月) ヤマユリ | トップページ | 7月4日(水) ヒツジグサ »

コメント

はたざくらさん、こんにちは。
これもハギと名がつくのですね。
葉はマメ科だとわかりますが、
お花が少し変わっていますよね。
黒っぽくて地味そうですが、
お花の色が深い紫のように見えますし、
しべが黄色っぽいので、
近づいて見たら、かわいいのでは?
ふてぶてしいなんてかわいそうに・・

投稿: ブリ | 2007/07/03 13:05

ブリさんへ:
はい、ワタシの萩一覧表の写真が一つだけ増えました。
ふてぶてしい、は少しかわいそうでしたかね。
なんじゃこれ~?、と思うほどいい色ですよ。

投稿: はたざくら | 2007/07/04 07:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月2日(月) ヤマユリ | トップページ | 7月4日(水) ヒツジグサ »