« 三十一編 : やややのや | トップページ | 7月30日(月) マタタビ »

7月29日(日) カライトソウ

070729sanguisorba_hakusanensis
ゆかしい名前が心に残る唐糸草です。いまどきだったら猫の尻尾草とか言われそうでも、現代風なキャッツテールあたりとは風格が違うように思います。
本来は白山などに咲く高山植物なのに、平地でも栽培は可能なようです。ネムのそれを押しつぶしたような葉も、花に劣らずきれいです。
一本が10cmもある花穂がふさふさしている様子は迫力があります。花びらはなく、長くのびた雄シベが唐糸の正体です。左側に、開花前後の穂が写っています。

<追録> 背後から迫ってもこの花の理解は進みません。(撮影:2022年7月18日)
Sanguisorba_hakusanensis220718

2006年のきょうママコノシリヌグイ2005年のきょうオミナエシ2004年のきょうホウキギ(コキア、ホウキグサ)

|

« 三十一編 : やややのや | トップページ | 7月30日(月) マタタビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三十一編 : やややのや | トップページ | 7月30日(月) マタタビ »