« 7月22日(日) ヤブカラシ | トップページ | 7月24日(火) ソバナ »

7月23日(月) ミョウガ

070723myouga_b1ヤブ茗荷ハナ茗荷の後塵を拝してしまいましたが、それらに名前を貸した本来の茗荷の花をようやく撮影できました。
噂どおりのお化けみたいな姿です。一日花なので、右側のきのうの花はもうダウンです。放っておけばこうやってどんどん花になるそうで、あの食べる茗荷(花の基部)は花穂であることがわかります。
070723myouga_b2ふつうの植物はのびた茎に花をつけますが、このミョウガの茎には花が咲かず、こうした形態を偽茎と呼ぶそうです。仲間の生姜も同じしくみですが、さて生姜の花の撮影はいつできますやら。

2006年のきょうキヌタソウ> 2005年のきょうヒヨドリジョウゴ> 2004年のきょうタブノキ

|

« 7月22日(日) ヤブカラシ | トップページ | 7月24日(火) ソバナ »

コメント

「あれ、見たことあるよ。みょうがの花でしょう。小黒にあるじゃん。」とミホちゃん。
「あれ、それじゃあ私も見ているの?全然意識していなかったけど。」
と私。
そう、ミホちゃんの実家は農家なので裏の畑にあったようです。あったよう?今もあります。まったく私は見ているようで全然見ていないようです。関心がないっていうことはこういうことなんですね。でも、よかったぁ。師匠のブログでしっかり見ることが出来ました。お礼申し上げます。

投稿: ゼンペイちゃん | 2007/07/23 21:26

ゼンペイちゃん様へ:
あれまあ、どっかのウチと同じような会話(笑)。
男族は「してやったり」で喜んでいるのに、ご伴侶さまは
「知らなかったのォー」ですもんねえ、とほほ。

投稿: はたざくら | 2007/07/24 07:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月22日(日) ヤブカラシ | トップページ | 7月24日(火) ソバナ »