« 7月18日(水) シオデ | トップページ | 7月20日(金) シダルセア »

7月19日(木) チゴザサ

070719tigozasa_b草木が基準のものより小振りであることを示すには、頭に「姫」をつけることが一般的です。しかして、その修飾が「稚児」となったからには、もっとミニサイズの意味でしょう。向う脛ほどの丈で群がっていました。
もっとも、小ささだけならチヂミザサにかないません。もしかしたら、稚児という形容は、このかわいい小穂に着目したものかもしれません。
一粒が2㎜ほどで、ここから花粉を出し、雌シベが受精します。面白いのは柄が波打つことです。こんな軌跡を見せながら、夏の夜空にあがる花火を思い出します。

2006年のきょうヤクシマハギ> 2005年のきょうコバギボウシ(斑入り種)> 2004年のきょうヒメヒオウギズイセンとミズヒキ

|

« 7月18日(水) シオデ | トップページ | 7月20日(金) シダルセア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月18日(水) シオデ | トップページ | 7月20日(金) シダルセア »