« 6月8日(金) シロバナヤエウツギ | トップページ | 番外編 : 日本一高価なトマト(たぶん) »

6月9日(土) ノリウツギ

070609noriutugi_bウツギを三日連続で並べました。きょうの空木は頭に「糊」がつきますが、樹皮から糊が取れることにちなみます。
きのうの「卯の花」系とは属が違い、アジサイの仲間です。という説明がほとんど蛇足と思えるほど、花がいかにもアジサイの顔です。ただ、花穂が縦にのびるので、感じが少し違います。
ふつうに見るアジサイとさらにハッキリ違うのは、赤くて長い葉柄です。大振りで細長い葉とこの葉柄は、ノリウツギの大切な見分けポイントです。

2006年のきょうプリベット> 2005年のきょうサルビア・グアラニチカ> 2004年のきょうネムノキ

|

« 6月8日(金) シロバナヤエウツギ | トップページ | 番外編 : 日本一高価なトマト(たぶん) »

コメント

こんばんは。
ほんとに糊がとれるから、ノリウツギなのですか。
わたし、花弁がのりのようにぺったんこだからと
思い込んでいました。
これは覚えやすいなんて、思ってましたのに。

でも、ウツギって(これは紫陽花の仲間ということですが)
たくさん種類があるのですね。
昨日、山の上のほうのお家の前にバイカウツギが咲いていました。
わたしのために??きちんとお花の名前がつけてありました。
うそのようなほんとの話です。
山の草木にも、名前がついているとうれしいのですが。

投稿: ブリ | 2007/06/09 19:40

ブリさんへ:
ん、海苔弁のあの海苔ですかァ、おっとっとぉ(笑)。
ウツギって、ほんと、なんでもかんでもウツギですよね。
「草木365日」に逆引き検索を作ったのは、
たぶんにこの○○ウツギに悩まされたおかげです。

投稿: はたざくら | 2007/06/10 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月8日(金) シロバナヤエウツギ | トップページ | 番外編 : 日本一高価なトマト(たぶん) »