« 6月7日(木) ウツギ・マギシエン | トップページ | 番外編 : 日本一高価(たぶん)なトマト »

6月8日(金) シロバナヤエウツギ

070608sirobanayaeutugi_b
まだ「売り出し中」のきのうのマギシエンと違い、きょうのウツギは少し正統派と言っていい素性のようです。
花びら一枚のサイズはふつうのウツギと大差なくとも、八重である分の嵩があるので、花は大きく見えます。
この花の一番外側がピンクに染まるとサラサウツギで、木や花の姿形はよく似ています。空木と名のつくものは属違い・科違いで各種あるなかで、ウツギとシロバナヤエウツギ、それにサラサウツギは、まさに三兄弟と言える関係(注)です。

<補注> 3種の関連性を学名から見ると、シロバナとサラサはウツギの品種であることがわかります。
☆ ウツギ : Deutzia crenata
☆ シロバナヤエウツギ : D. crenata f. candidissima
☆ サラサウツギ : D. crenata f. plena

2006年のきょうウラジロチチコグサ> 2005年のきょうモミジルコウ(ハゴロモルコウソウ)> 2004年のきょうナンキンハゼ

|

« 6月7日(木) ウツギ・マギシエン | トップページ | 番外編 : 日本一高価(たぶん)なトマト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月7日(木) ウツギ・マギシエン | トップページ | 番外編 : 日本一高価(たぶん)なトマト »